【失敗しない始め方】ビットコイン投資の方法と注意すべきリスク3選

仮想通貨大好きダイゴ
ビットコイン投資をしたいけどどうやって始めればいいの?」そんな風に悩んでいる人は多いと思います。

去年まで僕も同じように悩んでいました。用語もわからないし、ビットコインをどうやって買うかもわからない、調べるにしてもまず何から手を付けて良いのやら…

そこで、今回はビットコイン投資の失敗しない始め方と注意すべき3つのリスクについてまとめました。

これからビットコイン投資を始めようと思っている人は是非参考にしてください。

 

ビットコイン投資の始め方


ここではビットコイン投資の始め方を紹介しています。

ビットコイン投資を始めたいけど何からやればいいかわからない!という人は是非参考にしてください。

 

ビットコイン投資の始め方①:取引所に登録する

ビットコイン投資をするためには、まず取引所と呼ばれるサイトに登録する必要があります。

日本では「仮想通貨を売買して良いのは金融庁に認可された取引所のみ」であることが法律で定められています。

そのため、仮想通貨を購入して投資・運用するためには必ず取引所に登録します。「安く売るから」などの言葉を信じて個人から購入しないでください。それ100%詐欺なので。

仮想通貨大好きダイゴ
今回は日本国内の取引所最大手bitflyerの場合を例に紹介していきます。

まずは、bitflyerの公式サイトを見てみましょう。

bitflyerの公式サイトを見る事ができたらやることは次の5ステップだけです。

bitflyer登録のための5ステップ

  1. メールアドレス入力
  2. 本人情報の登録
  3. 本人確認書類の送付
  4. 取引目的の確認
  5. 銀行口座情報の登録

この5つのステップが完了すれば、bitflyerにあなたの口座が開設されて取引が可能になります。

また、『ビットフライヤー口座開設の流れ【所要日数・キャンペーン情報など】』の記事でbitflyerへの登録方法を画像付きで詳しく解説しています。

画像付きで手順毎に確認しながら登録を済ませたい人は是非『ビットフライヤー口座開設の流れ【所要日数・キャンペーン情報など】』を参考にしてください。

ビットフライヤー口座開設の流れ【所要日数・キャンペーン情報など】

2018.01.29

 

ビットコイン投資の始め方②:入金

取引所の口座解説が完了したら、ビットコインを買うための日本円を入金する必要があります。

bitflyerへの入金方法には次の2種類があります。

通常入金 クイック入金
入金までの時間 1営業日 数分
手数料 無料 324円

相場が変わりそうで、急いでいる場合はクイック入金でも良いですが基本的には手数料がかからない通常入金をおすすめします。

仮想通貨大好きダイゴ
ここからは、bitflyerでの入金方法を画像付きで紹介していきますね。


まずは、ビットフライヤーの管理画面左下にある「入出金」のタブをクリックします。


通常入金の場合は「日本円を入金」のタブをクリックして表示される口座番号当てに入金金額を振り込むことで入金が完了します。

また、振り込みの際はアカウント登録時に登録した口座から振り込むようにしてください。もし別の口座から振り込む場合「銀行講座情報を追加する」ボタンを押して口座情報を追加しましょう。

bitflyerに登録した口座以外の口座から振り込むと、入金元不明の扱いになってしまうため入金が反映されません。

クイック入金の場合は「クイック入金」のタブをクリックして、好きな支払い方法で入金金額を支払いましょう。

支払い方法は「ペイジー」「住信SBIネット銀行」「自分銀行」「イオン銀行」の4種類です。

ペイジーはコンビニ払いで、他は銀行からの引き落とし扱いになります。

処理が完了すると、だいたい10分以内には入金が完了するため少しまってからbitflyerの管理画面を確認してみてください。

また、ペイジーを使ったコンビニ払いの場合は最大30万円までしか入金できないので注意が必要です。

 

ビットコイン投資の種類

必要期間 リスク 利益率
中長期投資 半年〜1年 低い 高い
クラウドマイニング 1年〜 低い 高い
短期投資 10分〜1週間 高い 高い
信用取引 10分〜1週間 とても高い とても高い

ここでは、ビットコイン投資の種類について紹介していきます。

ビットコイン投資は大きく分けて4つの投資方法があります。それぞれの特徴を表にしてまとめてみました。

仮想通貨大好きダイゴ
ここからは、それぞれの投資方法についておすすめできる順に詳しく紹介していきます。

それぞれ読んでみて自分に合う投資方法を選んでみてください。

 

ビットコイン投資の種類①:中長期投資

中長期投資は、仮想通貨の金額で無く仮想通貨自体の価値に着目して「今後社会を前にするめる力のある仮想通貨」を数銘柄選定して長期間持ち続ける投資方法です。

目先の相場の変動に目を向けずに、長期的に必ず社会の役に立つであろう優良な通貨を選ぶことがポイントです。

長期投資の場合、銘柄選びに失敗しなければ資産が増える可能性が高く信用取引のようなハイリスクを背負う必要も無いので最もオススメ出来る投資方法です。

 

ビットコイン投資の種類②:クラウドマイニング

クラウドマイニングは、マイニングを行うマイニングプールに投資をする投資方法です。

クラウドマイニング投資では、マイニングを行うPCの1年間の処理能力を購入することができます。

そして、買った処理能力で採掘したビットコインが配当として配られるます。

リスクがほとんどなく、毎月確実に配当が得られるのでクラウドマイニング業者をしっかりと選んで投資すればリスクが低く利益率の高い投資です。

 

ビットコイン投資の種類③:短期投資

短期投資は、仮想通貨のチャートを見て今後上がりそうな通貨を購入して金額が上昇したタイミングで売りに出す投資方法です。

短期投資は大高騰の瞬間を捕まえることができれば数倍〜数十倍の利益を出す可能性のある投資ですが、逆に言えば大暴落に当たれば資産が数分の一になる可能性のあるハイリスクな投資方法です。

初心者の場合短期投資を行いがちですが、短期投資はきちんと知識があるプロでなければ負ける可能性が高いのでおすすめしません。

 

ビットコイン投資の種類④:信用取引

信用取引は、口座に入金したお金を保証金として入金金額の数十倍の額の仮想通貨を取引する投資方法です。

信用取引中に仮想通貨の相場が下落した場合、最悪借金を負うことになりますが、もし高騰すれば一気に元本が数十倍になる可能性もある取引です。

ハイリスクハイリターンの取引なので初心者には絶対におすすめできない投資方法です。

信用取引で稼ぐにはある種の才能が必要ですが、どうしても手を出してみたい人は長期投資や短期投資を試してから本を読んで勉強して手を出してみるおとをおすすめします。

 

ビットコイン投資の注意すべき3個のリスク


ここでは、ビットコイン投資をする上で注意するべき3つのリスクについて紹介しておきます。

始めたばかりの投資で大失敗しないように、リスクの事はしっかりと頭に入れておくことをおすすめします。

 

ビットコイン投資のリスク①:暴落のリスク

まず1つめのリスクは暴落のリスクです。ビットコインを始めとした仮想通貨は投機目的で投資する人が多いため暴落のリスクが常につきまといます。

2018年1月16日から始まった大暴落では、一時期200万越えだったビットコインが80万円台まで暴落しました。

また、2011年に起きたビットコイン取引所MT.GOXのハッキング事件の際は1360円台だったビットコインが約80円程度まで下落するなど価値が1/10に下落する大暴落もありました。

何か大きな事件があるときは大きく価格が下がる可能性があるので、情報のアンテナを広く張るようにすることをおすすめします。

 

ビットコイン投資のリスク②:ビットコイン投資詐欺のリスク

ビットコイン投資のリスク②つ目はビットコイン詐欺のリスクです。

ビットコインを始めとした仮想通貨は、現状法整備が追いついていないため様々な詐欺が横行しています。

現状確認されている詐欺として大きく分けて次の3つの詐欺を紹介しておきます。

ビットコインを使った代表的な3つの詐欺

  • HYIP投資
  • ネットワークビジネス
  • ICO詐欺
仮想通貨大好きダイゴ
HYIP投資詐欺とは、顧客から集めた、投資資金を元手にビットコインなどの仮想通貨を運用することで月利30%程度の高額配当が得られる投資です。

文面だけ見るとあり得ない程良い条件に見えますが、詐欺なので注意してください。

HYIP投資の特徴は、最初の内は本当に契約通りの配当が貰えることです。ただし、元本を回収できる額を配当する前に投資先が倒産してしまいます。

HYIP投資は始めから倒産を計画している詐欺で、儲かるのは最初に投資を始めたインサイダーだけなので甘い言葉に騙されないように注意しましょう。

仮想通貨大好きダイゴ
ビットコインがニュースなどで取り上げられて有名になってからは、ネットワークビジネスも横行しています。

ビットコインを利用したネットワークビジネスで代表的なのは「ビットクラブ」です。ビットクラブは顧客からの投資資金を元手にマイニングプールを運営してマイニングで得られた利益を配当する投資です。

紹介される際は1年以内に確実に元がとれるといった説明で出資を求められますが、いざ蓋を開けてみると徐々に配当が減額されていき結果元本すら戻ってこない事が多いようです。

マイニングへの投資なら「genesismaining」や「HashFlare」などのクラウドマイニングに投資をすることをおすすめします。他の案件は詐欺の場合が多いです。

仮想通貨大好きダイゴ
ICO詐欺は、公開前の仮想通貨をビットコイン建てで販売する、公開されれば絶対に価格が上がるからすぐに売れば儲かるといった内容で勧誘される投資詐欺です。

「ここだけでしか買えない」「○○日の○時までしか買えない」「買えば絶対に儲かる」などといった文句で勧誘されることが特徴です。

有力なICO案件の情報は表に出回っていない場合が多いし、ましてやわざわざ勧誘してまで買い手を探すことはありません。

ICOへの勧誘に乗って投資しても絶対に儲からないので、甘い言葉に騙されないように注意してください。

 

ビットコイン投資のリスク③:ハッキングのリスク

ビットコイン投資のリスク3つめはハッキングのリスクです。

株式投資やFXと比べてビットコイン投資はハッキングのリスクが高いことが特徴です。

ビットコイン投資は、取引所のハッキングとウォレットのハッキングの2つのリスクをかかえています。

そのため、仮想通貨投資をするのであればハッキング対策についてしっかりと勉強して購入した仮想通貨をしっかりとウォレットに保管することが重要です。

 

ビットコイン投資にかかる税金について


意外と知らない人が多いのですが、ビットコイン取引には税金がかかります。

ビットコイン取引で上げた利益は雑所得に当たるので税率は累進課税となり、利益が多いほど高額な所得税が課されます。

出典:国税庁タックスアンサーNo.2260

ビットコイン取引の場合、『購入時の金額ー利確時の金額=利益(課税対象)』として計算されます。そのため、利確の時期には細心の注意が必要です。

また、もしあなたが会社印の場合仮想通貨取引での利益が20万円を超えると確定申告の必要がでてきます。

副業が認められている会社ならなんら問題ありませんが、副業禁止の会社で誤った確定申告を行うと会社にバレて最悪懲戒退職の可能性もあるので注意が必要です。

 

まとめ

  • まずは取引所に登録する
  • 長期・短期・信用自分に合った取引スタイルを見つける
  • リスクを知ってリスクに備える
  • 税金を払うのを忘れない

今回は、ビットコイン投資初心者に向けてビットコイン投資の方法と3つのリスクについてまとめました。

ビットコイン投資自体は取引所を開設してお金を入金すれば始められるのでとても簡単ですね。

ですが、ビットコイン投資でしっかりと利益を出して行くには投資方法やリスクなどしっかりとした知識が必要です。

そのため、ネット上の情報や感だけに頼るのでは無く「投資」についての書籍を読んでしっかり勉強しましょう。

しっかりとした知識を持って堅実な投資をすることが、ビットコイン投資で利益を出すための最短ルートです。

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像