ビットコインマイニング(採掘)とは?個人は報酬で利益が出せるの?

仮想通貨大好きダイゴ
「ビットコインのマイニング(採掘)って何?」「個人でもマイニング(採掘)報酬で利益が出せるの?」などビットコインのマイニング(採掘)について気になっている人は多いと思います。

僕もビットコインの勉強をし始めた頃は、マイニングについていまいち理解出来ずに悩みました。そして、「ビットコインって金みたいに掘り出せるのかあ」と漠然とした認識をもっていました。

そこで、今回はビットコインのマイニング(採掘)について簡単に解説した後にビットコインマイニング(採掘)で利益を出すことができるのか?解説していきます。

最後まで読んで頂ければビットコインのマイニングについての初歩的な悩みは解決するので、是非参考にしてください。

 

ビットコインのマイニング(採掘)とは?仕組みを解説


マイニングとは、ビットコインの取引を記録しているブロックチェーンと呼ばれる取引名簿に新たなビットコインの取引を記帳する行為のことです。

ビットコインが作られてから今までの全ての取引はブロックチェーンと呼ばれる名簿に記帳されており、この名簿があることがビットコインの信頼性を確保しています。

ブロックチェーンに取引履歴を記帳する際にハッシュ値と呼ばれる鍵のようなものが必要で、その鍵(ハッシュ値)を見つけるのに膨大な計算が必要になります。

鍵(ハッシュ値)を見つけるための計算には高性能なコンピューターが使われています。結果、名簿に新たな取引を記帳するためには、コンピューターで膨大な量の計算をするための高額な電気料金がかかります。

もちろん、マイニングを行う人はボランティアでそんな高額な電気料金を払っているわけではありません。マイニングをしてブロックチェーンへの記帳に協力した人には報酬としてビットコインが配布されます。

このように、マイニング報酬でビットコインが貰えることから「マイニングは儲かる」とネット上で言われています。
 

やり方は?ビットコインマイニング(採掘)とマイニング報酬で利益を出す方法


ここでは、自宅でもできるビットコインマイニング(採掘)の方法について紹介していきます。

残念ながら、個人が家でマイニング報酬から利益を得る事ができる時代は終わってしまいました。ですが、どんなものか実際に試してみるのは勉強になって良いと思います。
 

freebitcoinを使ったマイニング

ここでは、最も簡単なビットコインマイニング方法であるfreebitcoinを使っマイニング方法を紹介していきます。

まずはこちらのサイト「https://mining.freebitco.in/mining.html」にアクセスしましょう。


すると、このような画面が表示されたと思います。

枠で囲った部分がそれぞれ、水色:CPUスレッド数 紫:CPU使用率です。どちらもより多い値に設定するほど効率良くビットコインを採掘することができます。

基本的には全てのソフトウェアを終了して、水色・紫どちらの数値もMAXまで上げて採掘をしてみることをおすすめします。

水色と紫の枠内の設定が終わったら、赤枠で囲ったSART MAININGボタンを押せばビットコインの採掘が開始されます。

結論から言ってしまうと、仮に1日放置したとしても家庭用のパソコンではビットコイン採掘量は0のままかと思います。

ビットコインを採掘するためにはPCの処理能力が必要で、現在はマイニング難易度が上がっているためマイニング専用の高性能PCでないとマイニングできなくなってきています。
 

マイニングで利益を出すならアルトコイン

先ほど紹介したように、現在ビットコインのマイニング難易度が上がっており家庭用のPCでは利益を出すことができません。

ですが、イーサリアムやモネロなどのアルトコインであれば、利益が出せる可能性のある通貨が残っています。

もし、あなたがネットゲームが趣味で10万円近くするグラフィックボードを持っているならMoneroの採掘で利益を出すことができます。

Mainer Gateと呼ばれる仮想通貨採掘専用のソフトを使って採掘した場合次の画像が採掘できる仮想通貨量の目安です。


※ハッシュレート500H/s程度(10万円程度のグラボ搭載機)を仮定しています。

この表に従うと、2018年3月現在の相場に換算すると1週間で約800円分のMoneroが採掘できます。1月にすると3200円1年で約38400円分のMoneroを採掘できることになりますね。

もし、自宅にハイスペックなグラフィックボードを搭載したパソコンがあるのであればアルコインマイニングに挑戦してみてはいかがでしょうか。

ノーリスクで、ちょっとしたお小遣い稼ぎ程度の利益が出せるのでおすすめです。
 

アルトコイン採掘ソフトマイナーゲートの使い方

ここでは、アルトコインマイニング(採掘)ソフト「MainerGate」の使い方を紹介します。

アカウント作成方法〜採掘したコインの出金方法まで解説していくので是非参考にしてください。

まずはMainerGateの公式サイトにアクセスしてアカウントを作成します。

メールアドレス・パスワード・パスワードの再確認の3つを入力してSign up & Start mainingボタンをクリックすると、入力したアドレスにメールが届きます。

このようなメールが届いていれば登録完了です。15 days of free Monero XMR mining のリンクをクリックするとソフトウェアのダウンロード画面に飛びます。

windosのOSが64bitの人は上のGet itボタンを、32bitの人は下のGet itボタンからソフトウェアをダウンロードしましょう。

ソフトウェアのインストールを始めるとこのような画面が表示されます。こちらは一番上のDo not add〜を選択してください。

下の2つはMainerGateを起動時に起動するスタートアッププログラムにする設定です。

ソフトウェアのインストールが完了してソフトを立ち上げると、このような画面が表示されます。

アカウント登録時に登録したメールアドレスを入力してStartMainingボタンを押すとマイニングが始まります。
 

個人はビットコインマイニング(採掘)報酬で儲けることができるのか


ここでは、個人がビットコインマイニング(採掘)報酬で儲けることができるのかについて書いていきます。

インターネット上で検索すると、実際にマイニングに挑戦した人の記録が沢山出てきます。その一部を紹介しますね。
 

15万円投資して4万5千円の利益

約5ヶ月、お小遣い制お父さんが本気で採掘してみた結果、投入費用15万円に対して約9万円分のビットコイン(投入額の60%)を採掘できました。

でも、電気代が収入の半分近くかかっています。したがって、5ヶ月間での回収率は30%というところです。

出典:naverまとめ

こちらは、ビットコイン採掘専用にパソコンをかってLinuxをインストールして採掘をしていた人の体験結果です。

個人でできる採掘の中では、一番本格的な採掘体験弾でした。それでも5ヶ月で30%しか投資金額を回収出来ていないようです。
 

一般的なノートパソコンの場合赤字

72円(ビットコイン1日あたり産出量×30×現在のbitcon/日本円レート)− 106.92 = − 34.92円の赤字

出典:OTOQOO

こちらは、一般的なノートパソコンで24時間採掘した場合の収益を元に1月採掘し続けた結果を計算で算出したサイトです。

採掘したビットコインの値段から電気代を引くと赤字になってしまうようです。
 

2017年9月に採掘した場合1時間で採掘できたビットコイン0BTC

獲得ビットコイン数量:0.00000000 BTC

すなわち、1時間マイニングして得られたビットコインはありません。ゼロです。

出典:仮想通貨のやさしい始め方

こちらは仮想通貨のやさしい始め方というサイトでの実験結果です。

少し古いパソコンでビットコイン採掘を行った結果採掘できたビットコインは0BTCだったようです。

マイニングの難易度は日に日にあがっているので、最近だと普通のパソコンで採掘するのは難しいようですね。
 

ビットコインマイニング(採掘)で個人が儲けるならクラウドマイニング


ここでは、ビットコインのマイニング(採掘)で個人でも利益が出すことができるクラウドマイニングについて紹介していきます。

クラウドマイニングは、リスクが低く収益が出せる可能性が高い投資なので投資に興味がある人は是非参考にしてください。
 

クラウドマイニングとは

クラウドマイニングは、マイニングを行うマイニングセンターに投資することで投資額に見合った配当を得ることができる投資です。

自宅にマイニング専用のPCを設置する必要が無いためスペースをとりませんし、PC故障のリスクなども無いので低リスクで定期的な収入が得られる投資です。

個人がマイニングで利益を得ることは難しくなってきましたが、クラウドマイニング投資であれば未だ利益を出す事が可能です。
 

おすすめのクラウドマイニングはHASHFLARE

代表的なクラウドマイニング投資先として

の2つの投資先があります。

genesis miningが最も有名で日本でも普及しているクラウドマイニングですが、加入者が増えたため利益率が悪いです。

その点、HASHFLAREは後発で出資者が少ないため比較的利益率が良いことが特徴です。

クラウドマイニングでは、ハッシュレートと呼ばれるコンピューターの計算速度を購入することになります。

HASHFLAREでビットイン採掘のためのハッシュレートを購入する場合10GH/sが1年間で1.8$(約200円)です。

10GH/sの速度でマイニングを行った場合1ヶ月で0.000014BTC(約15円)が採掘できるため、1年間で180円のビットコインを採掘できることになります。

現状相場が落ち込んでいるため、投資額を下回る回収額となっていますね。

ですが、ビットコインの相場が1BTC当たり200万台に回復すれば十分収益化は可能です。
 

まとめ

  • マイニングすると報酬としてビットコインが貰える
  • ビットコインマイニングはパソコンで簡単にできる
  • 個人がマイニングで収益を出すのは難しくなっている
  • クラウドマイニングなら安定した収入が見込める

今回は、ビットコインのマイニングについてまとめました。

ビットコインのマイニングとはコンピューターでビットコインの取引台帳に取引記録を記入することのことです。

取引台帳に記入するための鍵を探すために莫大な計算量が必要となるため、マイニングして手伝ってくれた人には報酬にビットコインが配られれます。

マイニング自体はパソコンがあれば簡単に出来ますが、マイニングで収益を出すのは年々難しくなっています。

現状個人がマイニングで儲けをだすのはとても難しいですが、クラウドマイニングなら安定的に収入を得ることができます。

なので、マイニングで儲けたい!と思っている人はクラウドマイニングに投資することをおすすめします。

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像