仮想通貨暴落の原因を解説!価格が下落する7つの理由と今後の予想!

take
こんにちは「仮想通貨セブン」編集部のtakeです。この記事では仮想通貨の暴落について解説します。2018年1月の大暴落で仮想通貨に対して恐怖感を持った人も多いのではないでしょうか?暴落が起こる原因や今後の予想についてまとめたので、参考にしてみて下さい。

 

仮想通貨が暴落する原因は?2018年1月に大暴落が起きた7つの理由!

2018年1月に起きた仮想通貨の大暴落。どんな原因で通貨の価格が下落してしまったのかを分析しました。仮想通貨が暴落した7つの理由を解説します。

 

仮想通貨の暴落の原因①:世界各国で規制が強化されたから

世界各国での規制強化に関するニュースが重なって、結果として大暴落が起きたという見方が強い仮想通貨。

インドの規制については誤報だったようですが、それでも影響力は大きかったと言えるでしょう。世界各国の仮想通貨規制に関するニュースには、目を光らせておいて方が良さそうです。

 

仮想通貨の暴落の原因②:米商品先物取引委員会(CFTC)から仮想通貨取引所に召喚状

2017年12月6日に、米商品先物取引委員会(CFTC)がBitflexとTetherの両者に召喚状を送っていたとのこと。

両取引所からは返答は無かったようですが、ネガティブな噂を産んだことは間違いないでしょう。仮想通貨の暴落に繋がった一つの要因である可能性は十分にあります。

 

仮想通貨の暴落の原因③:韓国の仮想通貨取引所に立ち入り調査が行われた

韓国最大の取引所であるBithumでハッキングがあったとされ、警察による立ち入り調査が行われました。

このようなネガティブな出来事が起こると、仮想通貨全体に対する信用度も落ち、価格の暴落に繋がってしまう可能性があります。

 

仮想通貨の暴落の原因④:コインチェック元社員による内部告発

MEM盗難によりセキュリティの甘さが発覚したコインチェック。コインチェックの元社員を名乗る人物が、コインチェックの破産予定を書き込みしました。

書き込みがあった破産予定日には何も起こらなかったのですが、仮想通貨そのものに対する不信感が強まったのは間違いないでしょう。

 

仮想通貨の暴落の原因⑤:テザー(Tether)による価格操作(USDTショック)

USDと同価値になるように設計された仮想通貨であるUSDT。米ドルを担保とするシステムになっており、信頼度の高い通貨でした。

Tether社は過去にハッキングを受けてビットコインを盗まれたことがあり、その穴埋めのためにUSDTを空発行しているのではないかという疑惑が生まれました。

真相は不明ですが、ビットコインの暴騰はこのUSDTによって支えられているとしたら、まさに危険極まりない状況。大変なことになる前に通貨を手放したいと思う人が出るのも当然でしょう。

 

仮想通貨の暴落の原因⑥:大口投資家たちによる意図的な調整

相場を暴落させてから市場に参入するのは、投資の常套手段。大口投資家たちが市場参入のために、意図的に価格を調整しているという見方もあります。

ネガティブなニュースが立て続けに流布しているのは、もしかしたら大口投資家たちによる情報操作なのかも知れません…。

 

仮想通貨の暴落の原因⑦:仮想通貨先物取引の導入

2017年12月にCBOE(シカゴ・オプション取引所)やCME(シカゴ・マーカンタイル取引所)で導入された通貨先物取引。投資家の市場参入を促進して、暴落を引き起こしたとも言われています。

必ずしも価格の下落に繋がるような要因ではありませんが、値動きを大きくした一つの出来事ではあると思って良いでしょう。

 

今後の仮想通貨暴落は予想出来る?

高騰後の暴落ということで、それだけ値動きが大きかった2018年1月の大暴落。

2ヶ月に1回ほどのペースで暴落が起きると言われており、仮想通貨の値動きにはある程度の周期性があるものと考えられていました。

仮想通貨は投資の歴史も浅く、SNSが発達した現代ではネガティブな噂は瞬く間に広まってしまいます。それだけに暴落を読むのは難しいというのが現実。

今後も各国の規制が進む可能性はありますし、ハッキングなどの事件が怒らない保証はありません。今後も暴落が起こる可能性は高いと予想できますが、その時期を予測することは簡単ではありません。

仮想通貨関係の信頼できる情報をマメにチェックして、不測の事態にはすぐに対応すること。暴落によるリスクを避けるためには、そのような地道な取り組みが必要になると言えるでしょう。

 

仮想通貨の暴落についてまとめ

仮想通貨の暴落について解説しました。暴落で大損する人がいる一方、チャンスに変えてしまう人がいるのも事実。

価格の変動に対して正確に予測をして、いち早く対処することが何よりも大切です。正しい情報を取捨選択して、仮想通貨が暴落してしまうリスクを軽減しましょう。

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像