どっちが儲かる?ビットコインとビットコインキャッシュの今後

ビットコインとビットコインキャッシュ

 

2017年は多くの仮想通貨が価格を一気に上昇させ、仮想通貨投資ブームになりましたね。仮想通貨トレードだけで1億円以上の利益を出した「億り人」という人たちが、数多く誕生し社会現象となりました。

そんな熱く盛り上がった仮想通貨市場の中でも特に成長著しかったのが、ビットコイン(BTC)です。

ビットコインは良くも悪くも数年前から世間をにぎわせていたので、以前に名前だけは聞いたことがある方もいるのではないでしょうか?

これだけ有名だと、「価格は既にバブルに達している…」と思う人も多いですが、そんな予想を見事に裏切り、2017年はビットコインが最も安定的に成長しました。

 

ビットコインの2017年のチャート

 

だから仮想通貨の爆発的な値上がりがニュースになり始めた2017年5月以降に仮想通貨トレードを始めたとしても、結局ビットコインを買っていれば最も利益が伸ばせたとも言えます。

ビットコインは2018年1月現在で約200万円前後で推移しています。ビットコインは将来的に1000万円以上にもなるとも言われているので、2018年も引き続きビットコインを買った方がいいのでしょうか?

確かにこれだけ結果を残してくれたビットコインは魅力的な投資先ですが、これから仮想通貨取り引きを始めるなら、ビットコイン(BTC)ではなくて、ビットコインキャッシュ(BCH)を購入することをオススメします。

 

ビットコインキャッシュとは? ビットコインとの違いは?

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュ(BCH)はビットコインから2017年8月1日に分裂して誕生した比較的新しい仮想通貨です。

今は、ビットコインとビットコインキャッシュは全く別の仮想通貨になっており、お互いが今後、技術的に関与することはありません。

なぜ、分裂する必要があったかというと、従来のビットコインの仕様では、多くの人が利用すると、処理が追いつかなくなり、送金スピードが遅れたり、手数料が高くなるといった問題が生じてきました。

ビットコインのスケーラビリティ問題(送金づまり)を解決する為に、一部のマイナー(取り引きデータの記録場所を作成する人)がビットコインの仕様を変更して誕生させたのが、ビットコインキャッシュです。

ビットコインは、ブロックサイズ(取り引きデータの保管場所)が1MBであり、1秒あたりに7回の送金が限界になっています。クレジットカードのVisaが1秒間に5万6千件の処理ができることを考えると、少ないですよね。

一方のビットコインキャッシュは8MBと大きく設計されており、処理速度がビットコインより改善されて設計されています。マイナーさえ集まれば、ビットコインキャッシュの方が、より高速に送金処理を行うことが可能になります。

ということで、ブロックサイズが大きく処理速度の高速なビットコインキャッシュの方が技術的にはビットコインの上位互換となります。

 

ビットコインキャッシュはビットコインを持ってれば無料で付与された?

無料

実はこのビットコインキャッシュ、分裂直後はビットコインを所有していたら、無料でもらえるコインでしたしかし、誕生した2017年8月に一時的に高値をつけた後、11月までの4ヶ月間はずっと価格が下がり続けます…

「模造品」「コピー品」「まがい物」など色々と皮肉られて、誰もビットコインキャッシュになんて眼中にありませんでした。誕生時に一時的にチャートが上昇したものの、その後ずっと、「無料でもらえるものに価値なんてない」と、もう終わり行くコインだと多くの人が思っていました。

 

ビットコインキャッシュの低迷期のチャート

 

一方でビットコインは、アルトコイン勢(ビットコイン以外の仮想通貨)を差し置いて、ずっと上昇トレンドの絶好調でしたので、天と地ほどの価格差が開いていました。ドラえもんで例えるなら、ビットコインが優等生の出木杉君で、ビットコインキャッシュがのび太君のような感じです…

しかし、2017年11月頃からビットコインキャッシュの価格が上昇し始めます。

中国の大手マイニング会社「BITMAIN」を運営するジハン・ウー(Jihan Wu)氏をはじめ、多くの有力者がビットコインキャッシュを支持するスタンスを強調したりと、段々とビットコインキャッシュが脚光を浴びるようになっていき、一気に価格が伸び始めました!!

 

ビットコインキャッシュの暴騰チャート

 

2018年以降、ビットコインとビットコインキャッシュのどちらが仮想通貨界の覇権を握るのかは不明です。

しかし、仕様が似ていながらも、ブロックサイズの問題を解決しているビットコインキャッシュの方がポテンシャルは高いと言えます。

 

2018年投資するならビットコインとビットコインキャッシュのどちらがオススメ?

ビットコインとビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュのポテンシャルは分かったけど、結局ビットコインとビットコインキャッシュのどちらを買えばいいか悩んでいる人も多いと思います。

2017年はビットコインが最も安心して利益を出せる仮想通貨でしたが、2018年から仮想通貨を始めるのであれば、ビットコインよりもビットコインキャッシュの方がオススメです。

なぜなら、ビットコインの方が様々な面でリスクが高いからです。

なぜ、ビットコインの方がリスクが高いかと言うと

 

  • 機関投資家が参入
  • 値段が他の仮想通貨に比べて高い
  • ハードフォークを繰り返している
  • 手数料が高く、送金スピードも遅い
  • 投資に興味がない一般人が買い始めている

 

といった問題があるからです。

 

ビットコイン市場には機関投資家が参入

ウォール街

 

ビットコインでは先物取り引きが2017年12月から始まり、ビットコイン市場には今後、莫大な資金力を持った機関投資家が参入してきます。

これまで、個人が売り買いしていたのとは規模が違う資金が一気に流入して来ます。

先物取り引きでは、実際にビットコインを所有していなくても、「売り注文」からトレードを始めることが可能で、桁違いの売り注文が入ることによって、値段を暴落させることができます。投資素人が浮かれて油断しているのを見計らって、仕掛けてくるかもしれません。

だから1BTCの価格が200万円を越えてしまった今から、大金でビットコインを購入するのは、オススメできません。

価格が停滞・下落していく相場はどんな通貨でも必ず存在します。ビットコインも、最終的にはより値段が高くなっていく可能性が高いですが、長期間に渡って、含み損を抱える可能性があることだけは注意しておく必要があります。

 

ビットコインは他の仮想通貨に比べて値段が高い

今1BTCは200万円以上に上昇しています。

2017年1月時点で1BTC = 10万円代だったことを考えると、10倍以上になっています。

さすがに、ここから更に10倍になる可能性は極めて低いです。

一方のビットコインキャッシュは、まだ50万円以下で購入することも可能です。

最近、好材料が出たので、価格が上昇していますが、2017年12月までは、まだ10万円台で購入できました。今後伸びしろが大きく、暴落する値幅が小さいのはビットコインキャッシュです。

 

ビットコインは手数料が高く、送金スピードも遅い

ビットコインは送金手数料が割高です。送金スピードも遅いです。

送金すると数時間から場合によっては1日以上受け取るのに時間が必要になり、「もしかして、手続きに不備があったのでは?」と、ヤキモキした気持ちになります。早く着金させたければ、追加料金を払わななければならないという資本主義っぷりです。政府によるコントロールされない非中央集権であり、通貨の民主化を目指すという理念からは、ちょっとかけ離れてきています。

一方のビットコインキャッシュはブロックサイズがビットコインの8倍で設計されているので、送金づまりの問題がビットコインよりも起こりにくく設計されています。

 

ビットコインはハードフォークを繰り返している

ビットコインはビットコインキャッシュの他にもハードフォーク(分裂)を繰り返しています。

2017年1月2日には、「ビットコインキャッシュプラス」という、まるでビットコインキャッシュの上位互換のような名前の派生コインまで登場しています。

 

ビットコインキャッシュプラス

 

ハードフォークを行うと、ビットコインキャッシュのように、別の仮想通貨が無料で貰えるメリットがホルダー(所有者)にはあります。

ビットコインキャッシュの前例があるので、多くの人がハードフォークコイン目当てにビットコインを所有しています。

ハードフォークは錬金術のようですが、ビットコインそのものの価値が逃げているとも考えられます。ビットコインの信用を失墜させてしまう可能性もあり、諸刃の剣です。ビットコインのネームブランドを利用し、2017〜2018年は多くのハードフォークが予定・実行されており、一時的な高騰を利用したマネーゲームが目的とも思えるものも存在します。

仮想通貨の取引所も対応しなければならないので、いい加減うんざりされています。ただ、付与しないと、利用者が増えないので、取引所も嫌々対応しているようです。

 

※国内大手取引所の代表によるツイート↓

 

ハードフォークコインは仮想通貨ブームによって、一時的に価値がつくかもしれませんが、やがてマンネリ化で、飽きられてくるでしょう。ビットコインを持っていると、ハードフォークコインが貰えるからという理由だけで、ビットコインを所有しておくのはやめておきましょう。

私も何種類かビットコインから派生したコインを所有していますが、現在価値がついていません。

ビットコインからのハードフォークコインは、ビットコインキャッシュだけで十分です。11月に誕生したビットコインゴールドは少し値がついたみたいですが、今後もビットコインの派生コイン全てに値段がつくとは、ちょっと考えにくいですね。

 

投資に興味がない人が買い始めている

素人

ビットコインは、これまで投資に興味がなかった人たちも買い始めています。投資にうとい人までが、投資を始めることはバブル崩壊の兆候の1つとされています。

仮想通貨投資はFXなどと同じく「得した人」と「損した人」の合計金額が同じになるゼロサムゲームです。

ゼロサムゲームでは、誰かに、より高い値段で買ってもらわないと儲かりません。投資に興味がない人までが購入し始めるのは、黄色信号です…

仮想通貨全体は今後も成長するかもしれませんが、ビットコインに関しては仮想通貨としてのポテンシャルの割に、ネームバリューで値段が急激に加熱しすぎとも言われているので、多くの人がビットコインを購入し始めたことによって、一旦大きな価格調整によって大幅に価格が下落する可能性があります。

その点、ビットコインキャッシュでは「先物取り引きが行われていない」「値段がまだ安価」「送金スピードが高速」「分裂による信用失墜の心配がない」等々、ビットコイン以上に投資先として好材料が揃っています。2018年はビットコインキャッシュがビットコインを差し置いて仮想通貨界の主役になる可能性があります。

既に仮想通貨として価値が大幅に上昇してしまったビットコインのリスクを考えると、これから伸びる可能性があるビットコインキャッシュこそ、投資先としては魅力的です。

 

ビットコインキャッシュもビットコインも購入にオススメの取引所はZaif

では、ビットコインキャッシュはどこで購入すればいいのでしょうか?

国内だけでも、多くの仮想通貨販売所がビットコインキャッシュを扱っています。

しかし、なるべく安く購入したいのであれば仮想通貨取引所「Zaif」をオススメします。

 

zaif

 

Zaifは以下の2つの特徴があります。

 

  • 販売所ではなく取引所
  • 日本円で購入できる

 

「販売所」とは、換金所のようなものを想像してもらえればと思います。換金所が利ざやを乗せるので、若干値段が高いです。

一方で「取引所」は「買いたい人」と「売りたい人」がそれぞれの合致した値段で売り買いができるフリーマーケットのような場所なので、販売所形式よりも安く購入することができます。

Zaifは、日本では数少ないビットコインキャッシュが取引所形式で購入できる場所です。海外だと一度ビットコインに換金してから購入する必要がありますが、国内取引所なので、日本円から直接ビットコインキャッシュを取引所形式で購入することが可能です。もちろんビットコインも安く購入できますよ! 他にも「ネム」「モナコイン」「イーサリアム」など将来有望な仮想通貨が割安で購入できるので、是非登録しておきましょう!

 

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA