仮想通貨バブルはいつまで続く?崩壊したという噂とバブルの終わり

take
こんにちは「仮想通貨セブン」編集部のtakeです。この記事では仮想通貨バブルについて解説します。バブルが崩壊したという見方もあれば、まだまだ高騰が続くという見方もある仮想通貨。仮想通貨で一攫千金を夢見ている人は参考にしてみて下さい。

 

仮想通貨バブルは崩壊した?2018年1月の大暴落について

2018年1月にほとんどの通貨が大暴落した仮想通貨。バブルが崩壊したという見方もありますが、長期的な目線で見ると価格は右肩上がり。

2ヶ月に1回ほどのペースで暴落は起こると言われており、バブルが崩壊したとは言えない状況です。断言は出来ませんが、右肩上がりの価格変動は続くものと思われます。

 

仮想通貨バブルはいつまで続く?終わりはいつ?

仮想通貨投資をする人にとって、バブルのようなこの状況はいつまで続くのか気になって仕方がないところでしょう。

稼ぎ続けられる可能性を秘めた一方で、一夜にして全てを失う恐れもある仮想通貨。仮想通貨バブルの終わりは専門家ですら読めないのが実際のところ。

2018年は仮想通貨元年と言われており、仮想通貨投資参入者は爆発的に増えるでしょう。

また、企業レベルで仮想通貨投資に取り組む例も出てくるでしょうし、バブルのような状況はまだまだ続くという見方が多いです。

とは言え、良い状況がいつまでも続くことはあり得ないもの。暴落の際には取引所での売買が制限される恐れもあるので、複数の取引所・複数の通貨へのリスクヘッジは欠かせません。

 

そもそも仮想通貨はバブルなのか?実はバブルではない仮想通貨

そもそも、適正価格が明らかではない仮想通貨は、バブルと呼ぶにはふさわしくありません。

適正価格がわかっているものが、適正価格以上に急騰することがバブルの定義なので、仮想通貨の場合は”バブルのような状態”という表現が適切でしょう。

経済学者の森永卓郎氏は、最終的に仮想通貨の価値はゼロになると考えているようです。それに対して、不安定な国家情勢で財産を守るために仮想通貨が役立っているという事例もあります。

仮想通貨が貨幣全体の何%を占めるかは分かりませんが、需要がある以上は価値はゼロにならないとも考えられます。

仮想通貨の将来は誰にも分かりませんが、リスクヘッジをしながら少額ずつ投資していくのが大切だと思います。

 

仮想通貨バブルについてまとめ

仮想通貨バブルについて解説しました。バブルのような状況にある仮想通貨ですが、この状況がいつまで続くのかは誰にも分かりません。

リスクがある反面大きな可能性があるのも事実ですので、リスク管理を徹底しながら仮想通貨投資に取り組んでみて下さい。

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像