爆騰継続!絶対に知っておくべき仮想通貨9種類の特徴を徹底解剖

2018年爆騰間違いない!仮想通貨9種類の特徴をご紹介

2017年、ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨の価格は、何十倍という価格に上昇し、正にバブル状態となっています。

また、2018年仮想通貨の価格は更に何倍にも成長することが確実だと言われています。

早くから仮想通貨に目をつけていた投資家には、「億り人」なる資産1億円以上に増加した人も結構でてきているみたいです。
そんなまわりが浮き足立っている中、

  • 完全に上昇相場に乗り遅れてしまい、どのタイミングで手を出せばいいのわからない
  • 買うにしても種類がありすぎてどれを選べはいいか全くわからない

なんて思っている方、多いんじゃないかと思います。

そこで、本記事では、今年最も市場規模が大きくなり今後がとても期待できる仮想通貨9種類を選び、それぞれの仮想通貨の特徴を簡単にご説明します。

仮想通貨は専門用語や難しい概念が数多くあり、わかりにくい部分も結構ありますが、できるだけわかりやすく簡単に説明していきます。

それぞれの仮想通貨の目的や特徴、今後の可能性などを事前に知ることによって、自分の判断で適切な仮想通貨に投資することができるでしょう。

それでは、順番にご紹介していきたいと思います。

1 Bitcoin(ビットコイン)

ビットコインは、2008年にサトシ・ナカモトと名乗る人物が発表した論文で初めて紹介され、2009年にその論文に基づき、運用が開始されました。

ビットコインの特徴としては、中央機関(管理者)は存在せず、ピア・トゥ・ピア型のネットワークにより運営されており、ビットコイン上の全取引は、ブロックチェーンという技術を使ってネットワーク参加者全員によって管理されています。

この取引は、ネットワーク上の「ノード」と呼ばれるサーバがその取引の記録・承認作業(マイニング)を行っています。

マイニング作業は、ネットワーク参加者であれば誰でも行うことができ、最も速く取引の記録・承認作業(マイニング)を成功させた者に取引手数料がビットコインで支払われます。

このマイニングによってビットコインの安全性は担保され、中央銀行などの機関が存在しなくとも個人間でビットコインを送金できるようになっているのです。

取引記録は、ブロックチェーン技術に基づいて、ビットコインの最初の取引から現在までの取引がすべて記録されており、それらが各ノードによって管理され、そして常に公開されています。

ですので、とても透明祭が高く安全性の担保された通貨といえます。
このようなブロックチェーンの仕組みは「分散型台帳」といい、すべての仮想通貨の基礎となる仕組みになっています。

ただ、ビットコインには、デメリットもあります。取引数が多くなればなるほど送金完了までの時間が遅くなってしまいます。

取引記録が格納されているブロックの生成間隔が10分間かかることや、ブロックへの最大記録容量が1Mバイトという制限が、送金処理の遅延を招いているためです。

最も取引量が多い時には、送金完了までに5日もかかり送金手数料も数千円かかってしまう、という事態になっています。

ですので、現在はもっとも知名度がありコインあたりの価値が最も高いビットコインですが、送金処理遅延が起こってしまうビットコインに果たして基軸通貨としての役割がはたせるのか危惧されてきているのが現状です。

2 Ethereum(イーサリアム)

イーサリアムとは、当時19歳のヴィタリク・ブテリンという少年によって構想され、開発が進められてきました。

本来、仮想通貨名をイーサ、イーサリアムは、オープソース・ソフトウェア・プロジェクトの総称のことをイーサリアムといいますが、現在は仮想通貨自体をイーサリアムと呼ばれるようになっています。

分散型アプリケーションプラットフォーム

イーサリアムは<EVM>というプラットフォームで、独自アセット(トークン)を作成することができます。
既に、多くのトークンが作成されており、その数は100以上に上ると言われています。

スマートコントラクト

スマートコントラクトとは、あらかじめある条件を設定しておき、その条件を満たした場合には、取引の履行を自動的に実行させるシステムをいいます。

例えば、仮想通貨を送金する際に、「当事者間以外に第三者の署名がないと送金できない」という条件を設定したり、「Aというデータが届いたら、自動的に送金する」、「2ヶ月経過したら送金する」など、自由に条件を設定することができます。

このスマートコントラクトは、社会におけるさまざまな取引に活用できる機能として期待されており、仮想通貨の送金以外にも、保険や不動産売買など、さまざまな分野で活用されることが期待されています。

3 Ripple(リップル)

リップルは、アメリカのフィンテックベンチャー、リップル社によって開発、発行されている仮想通貨です。
リップルの特徴としては、決済スピードが速く、通貨間のやり取りを繋ぐ「ブリッジ通貨」としての機能です。

この特徴は、新たな銀行送金システムとして期待されています。
現在の銀行送金、特に国際送金については、いくつもの銀行を経由する必要があり、取引手数料も高く、処理が煩雑になっています。

そこで、リップルを使用することで、決済スピード、手数料などを大幅に改善することが期待されています。

実際、国際送金の場合、リップルの決済プロトコル「RCクラウド」を使用すると、決済コストは33%削減でき、通貨「XRP」を使用すると60%削減するといわれています。

現在、日本のメガバンクや、世界の主要銀行がリップルとの提携を進めています。

4 BitcoinCash(ビットコインキャッシュ)

取引量の増加に伴って決済の遅延などの問題が顕在化していたビットコインですが、2017年8月にジハン・ウー氏のハードフォークによって新たな仮想通貨、「ビットコインキャッシュ」が誕生しました。

ビットコインキャッシュは、ビットコインのブロック容量1MBの8倍になる8MBのブロック容量を持ち、非常に多くの取引を素早く処理できるようになりました。

ただ、ビットコインと同様に、ブロックの生成間隔は10分間かかるという点は変わらないので、決済システムとして完全に問題が解決したとまではいえないのが現状といえそうです。

ジハン・ウー氏は、世界中のマイナーの中でも最も強い影響力をもつ人物で、今後、ビットコインキャッシュは、ビットコインに取って代わる存在になると期待されています。

5 Litecoin(ライトコイン)

ライトコインは、ビットコインの次に誕生した2番目の仮想通貨です。
ライトコインの特徴は、プロックの生成間隔が2.5分とビットコインの4分の1の時間で決済処理が完了できます。

ライトコインは、ビットコインのソースに改良を加えたアルトコインで、ビットコインの実験用プラットフォームとして活用されています。

ただ、ライトコインは、承認アルゴリズムが「プルーフ・オブ・ワーク(PoW)」というもので「最も速くトランザクションの暗号解読処理を完了した人が正しい」という基準で判断しています。

したがって、ブロックの生成間隔が短縮されると改ざんが容易にできてしまうので、セキュリティに問題があるといわれています。

6 NEM(ネム)

ネムは、イーサリアムと同様のプロジェクト名称で、仮想通貨の正式名称は「XEM(ゼム)」といいます。
ネムの特徴は、承認アルゴリズムが「PoW」ではなく、「PoI(重要度の証明)」というアルゴリズムを採用しています。

「PoI」は、ネムネットワークで多く貢献した人、つまり、仮想通貨XEMをより多く使用して経済活動を行った人を重要度の高い人と位置づけ、重要度の高い人ほど取引の承認成功率が上がるというアルゴリズムです。

承認成功すると、通貨を新規発行することで報酬が支払われます。

このアルゴリズムを使うことで、マイニングに必要だった電力を大幅に削減することができます。

仮想通貨取引所Zaifを雲煙しているテックビューロ株式会社CEOの朝山貴生氏は、NEMを使ったブロックチェーン「mijin」を開発しています。

「mijin」技術は、金融機関のコストの90%を削減すると同時にセキュリティ強化を目的に設計されています。実際に、三井住友トラストホールディングスが所有する住信SBIネット銀行の銀行サービス追加するため、試験的に導入されています。

7 Dash(ダッシュ)

ダッシュの最大の特徴は、その匿名性にあります。
ビットコインの場合、常に取引記録は公開されているのでプライバシーを保持することが困難ですが、ダッシュは、取引時に複数の送金のミックスして行うので、当事者の特定ができないように設計されています。

また、ビットコインよりも約150倍のスピードで承認を行うことができます。

これは、承認アルゴリズムが、承認者がランダムに選ばれるように設計されているため、大幅に承認スピードを改善することができたためです。

ただ、ダッシュは、匿名性が高いが故に、犯罪などへの悪用が懸念されています。

8 Lisk(リスク)

リスクは、スマートコントラクトを特徴とする仮想通貨で、その点はイーサリアムに似ています。

リスクの承認アルゴリズムは、「PoS」と呼ばれるコインをより多く、より長く所有している人が承認が成功しやすい設計となっています。ですので、ビットコインのように取引時間は長くなりません。

ただ、このアルゴリズムは、コインを多く持って胃いる裕福な人がより裕福になる仕組みなので、後発者にとっては不利になりやすくなってしまいます。

また、リスクは、「分散型アプリケーションプラットフォーム」を持ち、イーサリアムと同様に独自のトークンを発行することができます。

9 BitcoinGold(ビットコインゴールド)

ビットコインは、ビットコインキャッシュに続いて、2017年10月25日に再びハードフォークを行われ、ビットコインゴールドが誕生しました。

ビットコインのマイニングは、ASICという専用マイニングマシンを使ってマイニングをする必要がありましたが、ビットコインゴールドは、「GPU」という多くの人が利用できるシステムでマイニングができるようになりました。

これで多くの個人がマイニング事業に容易に参加できるようになり、マイニングによる収益の集中化を避けることができるようになりました。

ただ、マイニング方法以外には、ほとんどがビットコインを同じ設計になっているため、取引時間の遅延などの問題点は改善されていません。

長期保有目的なら仮想通貨の目的や特徴をしっかり抑えましょう

以上のように、主要の仮想通貨9種類の特徴についてそれぞれご紹介しましたが、各通貨によって目的や設計は全く異なり、特徴があることがよくわかったかと思います。

短期的な投機目的であるならば、テクニカル指標を中心にドレードの判断をすれば良いかもしれませんが、通貨を購入後ある程度長期的に保有するのであれば、しっかりとその通貨の特徴を理解してから購入しないと後で後悔しても遅いのです。

上記の各説明を見た上で、興味のある通貨については、さらに掘り下げて調査をし、しっかりと将来性を見定めていく必要があります。

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA