ビットフライヤーのクレジットカード手数料と登録方法を徹底解説

ここではビットフライヤーで仮想通貨を売買するのに、クレジットカードを使う場合の注意点と、クレジットカードの登録方法を解説します。

ビットフライヤーでは、クレジットカードで仮想通貨の売買が可能ですが、クレジットカードを使うと手数料がかかります。さらに、クレジットカードが使用できるのは仮想通貨の購入だけに限定される点にも注意が必要です。

緊急時に備えてクレジットカードを登録しておくことをおすすめしますが、通常の決済方法としては注意点が多いことを説明して行きます。

 

ビットフライヤーでは仮想通貨をクレジットカードで購入可能

仮想通貨はクレジットカードで購入することが出来ます。クレジットカードの利用規約では、商品券や金券などの換金性の高いものは購入できないことになっていて、実際にコンビニなどで「クレジットカードは使えません」と指摘された経験がある人もいるでしょう。

仮想通貨は非常に換金性が高く、お金そのものの存在ですが、現時点では問題なくクレジットカードで購入できます。仮想通貨がクレジットカードで購入可能な理由は、次のように考えると分かりやすいでしょう。

 

仮想通貨は金融商品ではない

仮想通貨は運用利益などを目的とした金融商品ではありません。仮想通貨は、あくまでもヴァーチャルな通貨としての位置付けになりますので、日本円そのものが金融商品にはならないのと同じく、金融商品としての規制は受けません。

 

仮想通貨は外貨の存在に似ている

仮想通貨は、ドルやユーロなどの外貨に似ていると考えて良いでしょう。外貨は、日本円と一定の交換レートで交換できる通貨ですが、金融商品では無く、街中の両替店ではクレジットカードで外貨購入代金を支払うことが出来ます。

 

ビットフライヤーでクレジットカードを使う際の手数料

ビットフライヤーでも、もちろん仮想通貨の購入にクレジットカードを使うことが出来ます。但し、クレジットカードで仮想通貨を購入すると、一定の手数料がかかることには注意が必要です。

 

厳密には手数料は存在しないのですが・・

先ほど「手数料」と説明しましたが、厳密にはクレジットカード手数料というものは存在しません。クレジットカード使用時に、手数料を上乗せして請求することは、クレジットカードの利用規約上、禁止されています。

ビットフライヤーの公式サイトにも、クレジットカードで仮想通貨を購入できることと合わせて、手数料はかからないことが明記されています。

 

参考:ビットフライヤー公式サイト「クレジットカード決済はできますか?

 

「手数料」のように感じる料金が発生するからくり

それではなぜ「手数料」と呼ばれるような料金が発生してしまうのでしょうか?

クレジットカードが使えるお店を加盟店と呼びますが(ビットフライヤーも加盟店に該当します)、加盟店は、商品やサービスの購入代金を消費者に代わってクレジットカード会社が立て替えてくれる代わりに、一定の利用料率を上乗せした金額を、クレジットカード会社に支払っています。

加盟店としては、この利用料率を出来るだけ消費者に転嫁したいわけですが、消費者に「手数料」として上乗せして請求することは、クレジットカードの利用規約上、禁止されています。

そこで、手数料をあらかじめ乗せた金額を正価(定価)として、クレジットカード以外で決済した場合を割引価格と位置付けることで、クレジットカード規約の問題をクリアしています。

 

クレジットカードを使うとどの程度割高になるの?

ビットフライヤーで、クレジットカードで仮想通貨を購入する場合は、クレジットカード以外の決済方法で購入した場合とを比較すると、平均して10%程度割高になります。

一律何パーセントと定められているわけでは無くて、購入量や相場の状況によって8%~12%程度のレンジで変動しているようです。

 

ビットフライヤーでクレジットカードを使う際の注意点

ビットフライヤーでは、仮想通貨の購入にクレジットカードを使うことが出来ますが、あらかじめ気を付けておきたい注意点があります。

また現時点では、ビットフライヤーのアプリでは、クレジットカードを一切使用することが出来ません。アプリではクレジットカードは一切使用できないという点は、覚えておくと良いです。

 

使えるカードブランドはVISAとMastercard

ビットフライヤーで登録できるクレジットカードは、現時点ではVISAとMasctercardの2つです。JCBのクレジットカードは登録できませんので注意が必要です。

JCBのクレジットカードを使いたい場合には、大手の仮想通貨取引所ではコインチェック(coincheck)なら使用可能です。

JCBのクレジットカードしか持っていない場合、コインチェックでも口座を開設しておくと良いでしょう。

 

(参考)コインチェックの公式サイトはこちら

 

VISAとMasctercardでも、ビットフライヤーに登録できるのは日本国内発行のクレジットカードに限られるということにも注意しましょう。海外発行のクレジットカードは登録できません。

 

口座への入金にクレジットカードは使えない

ビットフライヤーに開設した口座への入金を、クレジットカードから直接行うことは出来ません。ビットフライヤーの口座への入金は、銀行振込またはクイック入金で行います。

 

クレジットカードが使えるのは仮想通貨の購入と積み立てのみ

ビットフライヤーでクレジットカードが使えるのは、仮想通貨を購入する時と、仮想通貨を積み立てる時のみです。

クレジットカードを登録すると、仮想通貨の購入だけでなく、ビットコインの定期購入(積み立て)も可能となります。ビットコインの価値は、長期的には基本的に上昇傾向ですので、自動積立にしておいて保有し続けるという選択肢は考慮する価値があります。

 

仮想通貨の購入は10%前後割高になる

先ほども説明した、手数料のように見えてしまう部分です。一律何%と定められているわけでは無いので、レート計算が困難になるという問題もあります。

 

仮想通貨購入後1週間は売却、送付等ができない

クレジットカードで購入した仮想通貨は、購入後1週間は売却、送付等が出来ないという制限もあります。これは、クレジットカードが換金目的で使用されるのを防ぐ為です。

 

仮想通貨購入金額の制限

ビットフライヤーで仮想通貨の購入にクレジットカードを使う場合には、最低購入金額(下限)と最大購入金額(上限)が定められています。

ビットフライヤーの最低購入金額は1,000円から。最高購入金額は、100万円までとなっています。制限はありますが、主要な仮想通貨取引所の中では最も幅が広く、クレジットカード購入時にも購入金額の枠で不満を感じることは少ないでしょう。

 

ビットフライヤーのクレジットカード登録方法

ビットフライヤーでクレジットカードを使って仮想通貨を購入するためには、クレジットカードの登録が必要です。

登録自体は非常に簡単ですが、事前の準備として次の3項目を満たしている必要があります。

 

クレジットカードの登録に必要な3項目
①本人確認資料の提出
②銀行口座情報の登録
③IDセルフィーの提出

 

トレードクラスで口座開設する

ビットフライヤーのアカウントグレードは、ウォレットクラスとトレードクラスの2種類です。

ウォレットクラスは仮想通貨のウォレット機能しか持たないため、仮想通貨の売買をするためにはトレードクラスで口座開設する必要があります。クレジットカードを使うためには、まずトレードクラスで口座開設することが前提になります。

トレードクラスで口座を開設する手続きの中で、本人確認資料の提出と、銀行口座情報の登録は行うことになりますので、この点については特別な注意は必要ありません。

 

IDセルフィーの撮影

IDセルフィーとは自撮り写真のことですが、単純に自分の顔写真を自撮りして登録するという意味ではありません。

本人確認資料の提出に使った証明書類を手に持った状態で、自分の顔写真とともに自撮りするという意味です。

顔の横に証明書類を構えて、しっかりピントを合わせて撮影しましょう

 

IDセルフィーの提出

トレードクラスで口座開設を進めると、本人確認資料の提出と、銀行口座情報の登録を終えた段階で、アカウント情報はこのようになっています。

一番下にIDセルフィーの欄がありますので、こちらをクリックして画像を提出します。IDセルフィーの承認が完了するまでには1~2日必要となります。

 

クレジットカードの登録

本人確認資料、銀行口座情報、IDセルフィーの3つが承認済みとなったら、クレジットカードの登録が可能となります。

取引画面の「クレジットカードで買う」をクリックして、自分名義のクレジットカード番号を登録すれば完了です。

 

クレジットカード以外の決済方法の手数料

ビットフライヤーでは、クレジットカード以外の決済方法も多数導入しています。クレジットカード以外の決済方法では、手数料なしで仮想通貨を購入することが可能です。

振込手数料が必要となる決済方法もありますが、ある程度まとまった金額になると、クレジットカード以外の決済方法の方がお得です。

 

銀行振込とクイック入金

ビットフライヤーに開設した口座に日本円を入金するには、銀行振込とクイック入金の2つの方法があります。

銀行振込の場合は、金融機関の営業時間内でなければ入金額の確認ができませんが、クイック入金の場合は、24時間365日必要なタイミングで入金することができます。

 

銀行振込

銀行振込の場合は、取引画面にログイン後、入出金メニューの「日本円ご入金タブ」にて「お客様用日本円振込先」を確認し、登録の銀行口座より振り込む流れとなります。

各金融機関で定められた振込料金が別途必要となります。

 

クイック入金

ビットフライヤーのクイック入金は、24時間365日、自分の必要なタイミングで入金できるためとても便利です。

クイック入金は次の3つの方法に対応しています。なお、1件につき324円(税込)の手数料がかかります。

 

ネットバンク

ネットバンク3行(じぶん銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行)からは直接、クイック入金することができます。

仮想通貨の取引を積極的に行いたいなら、この3行のいずれかを取引口座に設定しておくことをおすすめします。

 

コンビニ支払い

ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマートからのコンビニ支払いもクイック入金に対応しています。

全国チェーンのコンビニでは、セブンイレブンが対象外となっていることには注意してください。

 

ペイジー決済

クイック入金は、Pay-easy(ペイジー)決済にも対応しています。Pay-easy(ペイジー)に対応した金融機関のインターネットバンキングや、ATMなどから入金できます。

Pay-easy(ペイジー)の提携金融機関は非常に多いため、クイック入金が出来ずに困ることは無いでしょう。

 

ビットフライヤーでのクレジットカード使用まとめ

 

  • ビットフライヤーでは、クレジットカードで仮想通貨の売買が可能
  • クレジットカードを使うと平均して約10%程度の手数料がかかる
  • クレジットカードで購入した仮想通貨は、購入後1週間は売却、送付等が出来ない
  • クレジットカードが使えるのは仮想通貨の購入と積み立てのみ
  • クレジットカードは口座への日本円の入金には使用できない

 

ビットフライヤーのような仮想通貨の取引所でクレジットカードを利用するのは便利ですが、気を付けなくてはいけない点も多いものです。

クレジットカードを使用すると10%程度割高な価格になることに加え、相場の変動が激しい仮想通貨を1週間動かせなくなることには、かなり注意を払った方が良いです。

ビットフライヤーに限りませんが、仮想通貨の購入においては、クレジットカードは緊急時限定と考えておいた方が良いでしょう。

ビットフライヤーの仮想通貨の取引においては、基本的にクイック入金を中心に考えた方が良く、そのためにもネットバンク口座で口座開設しておくことをおすすめします。

 

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像