仮想通貨をガチホする意味とは?2018年もおすすめの最強投資法?

長期投資

仮想通貨投資をしている方であれば一度は聞いたことがある言葉「ガチホ」。

仮想通貨投資が世間一般に知れ渡る前から行っていた方は、トレードスキルが低くてもガチホによって億り人になることができました。そのような歴史があるので、仮想通貨の投資手法として、ガチホを支持する方が大勢います。

しかし2018年の仮想通貨市場は年初から大きく価格が下落し、仮想通貨を保有していることにストレスを感じている方も多いのではないでしょうか?

2018年も仮想通貨のガチホはオススメの投資法なのか、仮想通貨セブン編集部内での意見をまとめたので、ガチホをするかどうかの参考にしてもらえればと思います。

 

仮想通貨のガチホの意味とは?

HODL

ガチホとは、仮想通貨を長期間保有することです。ガチ(真剣)にホールド(手放さない)の意味を持つ、投資用語(ネットスラング)の1つです。

ガチホには以下のようなメリットがあります。

  • トレードスキル不要
  • ニュースをチェックや市場分析しなくていい
  • 課税されない

 

トレードスキル不要

ガチホは一度購入すれば、自分が売りたいと思う時期まで長期間トレードしないので、トレードスキルは不要です。

仮想通貨は値上がり益を狙っていくので、中短期トレードで利益を出す場合にはチャート分析ができる必要があります。FXや株式投資を行っている方であれば慣れていると思いますが、仮想通貨投資が初めての投資の方にとってはハードルが高いかもしれません。また、仮想通貨市場はまだ法整備が整っておらず、仕手(作為的に高騰させること)なども横行しており、チャート分析が機能しにくく、時には思い切って損切りの判断もしなくてはなりません。

チャートを読むスキルがない方でもガチホは長期間のスパンなので、利益を出しやすいです。

 

ニュースのチェックや市場分析しなくていい

長期投資であれば、基本的に投資する銘柄選定だけ行うだけです。

日々の開発状況・実用化のニュース、仮想通貨市場をとりまくニュースを追う必要がありません。仮想通貨市場では、技術発展や法整備が目まぐるしく進展しています。悪材料のニュースで一喜一憂する必要がないのでストレスを感じません。

 

課税されない

仮想通貨は使ったり、日本円や別の仮想通貨に換えても利益確定とみなされ課税されます。仮想通貨の税制は整っている状況とは言えません。税金の計算も面倒ですし、住民税と合わせると最大55%も課税されます。FXや株式投資の20%と比べて税率が高いです。ガチホ前略で、今よりも有利な税率が適応されるまで待つことによって、現在の高税率での課税を回避することが可能です。

 

雑所得の税率出典:国税庁

 

以上がガチホのメリットです。2017年はネムやリップルなどを保有しているだけで300倍以上にも値上がりしました。トレードスキルも不要で、右肩上がりで急成長の仮想通貨市場においては、頻繁にトレードせず、ガチホだけで簡単に億り人になった人が続出しました。

しかし2018年上半期の仮想通貨市場はご存知のようにパッとせず、新規参入の方の中には、精神的に辛い状況が続いている方も多いのではないでしょうか?

2018年6月頃にはビットコインを1年以上保有する投資家と、そうでない投資家の割合がほぼ同じになったとの報道がありました。ガチホしていれば、ずっと値上がりしていくという神話を信じない方が増えたということです。

また2018年1月を境に、海外の掲示板でもHODLが話題になる回数が減少していることからも、海外でも投資戦略としての人気が下火になっていることが伺えます。※ガチホの英語はHOLDを打ち間違えた「HODL(ホードル)」です。

HODLのコメント数

HODLのコメント回数

出典;Bloomberg

 

仮想通貨のガチホは2018年にはおすすめ投資法でない8つの理由

長期投資 VS 短期投資

様々なメリットがある仮想通貨のガチホですが、2018年は、年始からかなり大きな下落・停滞を経験していて仮想通貨をガチホすべきかどうか、かなり迷っている方も多いと思います。

いろいろな意見があると思いますが、基本的に21018年からの仮想通貨投資のガチホ戦略はメリットよりもデメリットの方が勝っているのでオススメしません。

その理由は以下8つです。

  1. 機関投資家の参入
  2. 市場操作されている可能性
  3. 株式市場で大暴落の可能性
  4. 1ヶ月間ぐらいの期間の方が値動きが読みやすい
  5. 資金を回転できない
  6. 競争激化での市場淘汰
  7. 長期投資銘柄選定の難易度
  8. ガチホ賛美はポジショントークである可能性

 

1:機関投資家の参入

2018年からは本格的に機関投資家が参入してきます。機関投資家の資金力で空売りが行われた場合に、マーケット額の小さい仮想通貨市場がどうなってしまうのか全くの未知数です。

また機関投資家にはメディアへの影響力もあります。意図的に市場が下落するようなニュースを立て続けに流したり、チャートが下落トレンドを完成させるタイミングで悪材料を流すことも可能なので、今までのように一部の仮想通貨愛好家を中心とした価格の順調な上昇にならない可能性があります。ガチホしながら、立て続けに出る悪材料ニュースや価格の下落を見ていると、首を締め付けられているようなストレスを感じるでしょう。

ガチホしていないのであれば、一旦フィアット(日本円などの法定通貨)に戻して、市場を静観するという選択が可能になります。

また、ビットコインの価格が安い時代に購入しているクジラと呼ばれる最古参組によって暴落させられるリスクも抱えています。

 

2:市場操作されている可能性

ビットコインの価格はUSDTを発行しているTether社によって意図的に釣り上げられている疑惑があります。

USDTとは1USDT = 1USDの法定通貨連動の仮想通貨です。Tether社は新規USDTを発行した後にはビットコインの価格が大きく上がる傾向があります。このUSDTの新規発行には、発行量と同等分のUSドルの裏付けが必要となりますが、Tether社はその資産を保有していない疑惑があります。

Tether社は新規発行したUSDTを利用してBTCを買い、価格を高騰させた可能性があります。疑惑の目が向けられているTether社なので、今後は新規USDTを発行しても、2017年のような露骨な買い圧力としては影響してこないかもしれません。

Tether社の問題は年に何度か悪材料として下げ要因のニュースにもなります。また、これまでの価格操作が不当だという流れになれば、一度、不当操作がない価格までリセットする動きになる可能性もゼロではないので、長期保有はリスクになります。

 

3:株式市場で大暴落の可能性

下の画像はビットコインのチャートです。

「現在は大きく売られすぎて、これ以上下がらないのでは?」と思っている方も多いと思います。

確かにチャートを見ると、ちょっと売られすぎのように感じます。

 

ビットコインチャート

 

そろそろ、バネのように「ビョーン」と最高値を更新していくイメージを持っている方も多いのではないでしょうか?

2018年末には300万円越えと予想を立てている分析家の方もいますし、仮想通貨の市場予測プログラム「ウェブボット」は10万ドルを越えてくると予言しているので、可能性はゼロではありません。

しかし、このチャートをログスケールに変更すると、以下のようになります。ログスケールは変動率が大きすぎる場合に利用されるチャートです。

 

ログスケールのBTCチャート

 

このログスケール化したビットコインのチャートですが、アメリカの代表的な株価指数であるダウ平均株価に似ています。

ダウ・ジョーンズとビットコインのチャート比較

ダウ・ジョーンズもリーマンショックからの回復以降、ずっと右肩上がりで上昇してきました。しかし、この10年間、これといった息継ぎもせずに上昇してきました。株式市場は10年単位で大暴落するサイクルを繰り返しています。

10年周期で発生している株価の暴落イベント

  • リーマンショック(2007)
  • ITバブル崩壊(2000)
  • ブラックマンデー(1987)

 

ダウ平均株価も2018年になってから、久しぶりに大きなボラティリティ(値幅)で反落しました。ここで少し持ち合いながら、さらに上を目指していくかもしれませんが、スパン的に大暴落が来て下落トレンドに入ってもおかしくありません。

株式市場で暴落が起こった際に、仮想通貨市場がどうなるかは未知数です。ビットコインには、デジタル版の金として、株式市場の暴落時には、資産の避難先としての役割が期待されていますが、現状では価値の保存どころか通貨としてすら使いものにならない状態です。

ビットコインとダウ平均株価のチャートは似ている部分も多いので、株式市場の大不況に引きづられて、ビットコインや他の仮想通貨も長らく低迷してしまう可能性もあります。

 

4:1ヶ月間ぐらいの期間の方が値動きが読みやすい

いくら長期的には非常に期待されている銘柄でも、投資対象として人気が集まらなければ、下がり続けるのが仮想通貨投資の難しいところです。

良い銘柄というだけでなく、1ヶ月程度先のイベントに向かって価格が上がっている時に仕込んでいく方が、利益にしやすいので、資産を増やせる可能性が高いです。

仮想通貨の情報収集が好きな方は中短期トレードのほうがオススメです。

 

5:資金を回転できない

ガチホは資金を回転させることができません。長期保有ではなく、中短期だと資金を回転させていくことが可能です。

市場が低迷していようと、1ヶ月で価格が50%以上上昇しているような数多く存在します。理論上は毎月50%の利益でも1年で原資の130倍になります。

2018年前半の仮想通貨市場は日本人に人気の高いXEM、XRP、QASHなどは、2018年上半期はコインチェック事件もあり、日本市場が冷え切っているために、いくら将来が有力視されていようと、価格は上がっていきません。しかし、市場が低迷している中でも、中国人に人気の銘柄は価格を上昇させています。

市場低迷期でも資金が流れている通貨は存在するので、長期保有で下落を見守るのではなく、臨機応変に投資対象を変えていく方が効率的です。

 

6:競争激化での市場淘汰

2017年は数多くの仮想通貨が100倍銘柄になりました。しかし、これは仮想通貨投資が世間一般に広がる前だから起こり得たことです。仮想通貨投資が世間一般に広がってしまいましたし、機関投資家が参入したり、仮想通貨の種類も激増しています。

今は仮想通貨の数が1000種類を越えてます。猫も杓子も仮想通貨を開発しており、企業やコミュニティのトークンの発行もまずます加熱が予想されます。

これだけ競合が多い中、どれだけの仮想通貨が生き残っていくかは未知数です。2017年前半までのように、競合が少なかったからこそ、投資先が分散せずに価格を100倍以上にしやすかったです。今は競合も多いので、100倍銘柄の数は自然と減っていくでしょう。

いくら有望そうなプロジェクトでも、誰も使ってくれない仮想通貨は電子ゴミになる可能性があります。

投資の世界では、投資に興味がない人が興味を持つとバブル崩壊と言われています。 ITバブルが崩壊した後も数年で回復し、今ではITバブル時の株価を越えているので、長期的には仮想通貨市場は成長していくのですが、2017年のような異常な上がり方をもう一度期待できるかどうかは分かりません。

また、100倍銘柄を狙う方法の1つとしてICOが有名です。ICOに参加すれば、最安値に近い価格で仮想通貨を購入することができるのでガチホには最適です。ADAコインはICOから100倍以上を記録しました。しかし、第二のADAコインを探してICOばかり狙うことはオススメしません。ICO自体の数が供給過多になってしまったことや、有望なプロジェクトのICOは一般投資家に出回らなくなったこと、詐欺プロジェクトが横行したことでICO投資は割に合わなくなっています。特にYouTubeやLINEでICOを勧めている方には注意しましょう。

 

7:長期投資銘柄選定の難易度

ブロックチェーン技術の技術の発展は早く、以前まで革新的だと思われていた機能が、すでにさらに優秀なブロックチェーン技術を持った仮想通貨が誕生していたりします。

たとえば、リップルがそうですが、リップルの特長の1つである送金スピードの速さです。しかし、既にリップルよりも速い通貨も登場しています。リップルは多数の金融機関を巻き込むほどの政治力があるので、技術力だけで淘汰されることはないとは思いますが、ブロックチェーン技術だけでみるとリップルは魅力的な投資対象ではありません。

本当に長期投資に向いているアルトコインを見つけるのが難しいのが仮想通貨投資の難しさです。

 

8:ガチホ賛美はポジショントークである可能性

Twitterなどで「◯◯買い増しや!」などと叫んだり、特定の通貨のガチホを勧めているしている方は、自分がその通貨を売ってほしくないポジショントークの可能性があります。

自分は今の相場よりも低い価格で仕込めたので、下落して含み損にならずに、このままずっと価格が上昇して欲しい願望で、他の人に購入を勧めたり、売らずにガチホを勧めている可能性も否定できません。大半の人にとって、他人の損得なんて興味の範囲外ですし、仮想通貨投資自体が、トレードが上手い人から下手な人のところに資産が移動しているだけのゼロサムゲームです。

 

それでも仮想通貨のガチホがおすすめなのはこんな人

長期投資

仮想通貨投資のガチホ戦略には様々な問題があるので、2018年は基本的にはオススメしません。

しかし、それでも全員が中短期投資をすべきというわけではなく、自分には長期投資の方が向いていると思えば、ガチホで問題ありません。

仮想通貨のガチホ戦略が有効な方は以下のような方たちです。

  • 中短期の値動きによるストレスを感じたくない人
  • 中短期投資の銘柄選定が分からない人
  • 長期投資で大きい利幅を狙いたい人
  • 将来保有している通貨を使いたい人
  • 金利のある制度を利用している人
  • トレードスキルが低い人
  • 税金の計算が面倒な人

 

中短期の値動きによるストレスを感じたくない人

仮想通貨市場は悪いニュースが多く、チャートも過剰に反応して暴落・反落しやすいです。日々の値動きやニュースでストレスを感じたくない方であれば、投資銘柄を選定した後は一切情報を取らずに、塩漬け状態にしておくことも戦略の1つです。

 

中短期投資の銘柄選定が分からない人

仮想通貨について学ぶことが好きな方であれば中短期投資はオススメなのですが、あまり技術的なことが分からない方や勉強する時間がない方であれば、無理に中短期投資をしなくてもいいでしょう。

特に仮想通貨市場は仕手が横行しているので、上がっているから買っていいものではありません。イベントの重要度や銘柄のポテンシャル、プロジェクトチームのマーケティング力など様々な要因があり、選定が難しいのでかなりの市場分析スキルを必要とされます。

自分で選ぶことが出来ない方は、信用できる方のポートフォリオを真似したり、有料コミュニティに入るなどの手段もあります。しかし、TwitterやYouTubeもポジショントークが多く、誰が信用できるのか判断しにくく、有料コミュニティもどこがオススメなのか情報が少ないのが現状です。

 

長期投資で大きい利幅を狙いたい人

大きな上昇トレンドの波に乗り遅れたくない方は、下落トレンド中もガチホし続ける選択肢もアリです。

2018年の仮想通貨市場は、年初の大暴落からずっと低迷が続いています。売りから攻めることができ、仮想通貨市場が上がっても下がっても利益を出せるFX勢は、完全にショート(空売り)ポジションで攻める下目線になっています。

しかし、それでも仮想通貨市場は、2017年末の市場規模を軽々と越えていく可能性が高いです。

なぜなら1ビットコインが100万円以下ということは、マイニング会社としては採算ギリギリラインだからです。今後はよりマイニングの難易度が上がり電力消費量も上がっていくので、ビットコインは存在する限り価格は上昇し続けなければなりません。

今のところマイニング会社も赤字ギリギリでマイニングを行っています。マイニング会社でも体力のない会社の潰し合いのようなことが起こっているのかもしれませんが、永遠にこの価格なら仮想通貨のマイニング事業はやってられません。

マイニングチップの開発を行うNVIDIAでもマイニングチップの売上が増え、株価も上昇していることからも、今後もマイニング会社の運営は儲かる事業であるとの見通しがついているということです。

ビットコインが100万円前後で一喜一憂するような時代はやがて終わるので、上昇トレンドの転換に乗り遅れないためにも、生き残る可能性の高い仮想通貨をガチホをしておくのも理にかなった戦略の1つです。

 

将来保有している通貨を使いたい人

ビットコインを含めて仮想通貨はまだまだ実用化とは程遠い状況です。しかし、将来的に保有している仮想通貨を使いたい方にとっては、わざわざ利益確定する必要もありません。

将来保有している仮想通貨やトークンを利用するのであれば、無理に売買益を狙いにいく必要はありません。

 

金利のある制度を利用している人

仮想通貨の中には、保有していると金利が得られる銘柄も一部存在します。

たとえばネムでは、専用のウォレットに入れておくと、XEMが増えるハーベストという機能があります。

他にも仮想通貨取引所が行っている、レンディング(貸出)サービスがあります。仮想通貨を取引所貸すことで、年利5%程度の仮想通貨を受け取ることができます。

同じ雑所得扱いで、利回り5%前後であればソーシャルレンディングあたりが資産運用の競合サービスになりますが、値上がり期待値の高い仮想通貨レンディングの方がオススメです。

レンディングサービスはビットバンクやGMOコイン、コインチェックなどが実施しています。

 

トレードスキルが低い人

トレードスキルが低い方が中短期での値上がり益を目指すと逆に資産を減らしてしまうことになります。

特に仮想通貨市場は市場が小さくテクニカル分析が通用しにくく、突発的な暴落・高騰も起こるので、チャート分析が上手な方でも、ファンダメンタル(市場分析)抜きでは勝ちにくい複雑な市場です。

自分のトレードに自信がない方は、仮想通貨の中短期トレードはやめておいた方がいいでしょう。

 

税金の計算が面倒な人

仮想通貨は税金の計算や。このあたりの制度が整い、誰でも簡単に税金の計算が行えるようになってから利益確定するのも戦略の1つです。

 

まとめ

HODL
  • ガチホは仮想通貨を長期保有すること
  • ガチホしておけば税金は発生しない
  • 税金を払ってでも、投資対象を切り替えていった方が資金効率がいい
  • 2017年前半ぐらいまでは、保有しているだけで数百倍になる銘柄が数多くあった
  • 今後100倍銘柄はかなり限定される
  • 技術革新が早く、現在上位銘柄でさえ生き残れる補償がない
  • 株式市場が大暴落が起こる可能性

 

仮想通貨のガチホとは長期保有のことです。2017年までの後続の新規参入者がコンスタントにいた時期は、非常に有効な手段でした。

しかし仮想通貨投資が世間に認知され、競合の仮想通貨も続々登場している現在は、ガチホによって100倍になる銘柄は以前よりも少なくなっています。

そうなった場合に100倍銘柄を探すよりも数倍に上がる銘柄を何回も回転させて100倍を狙っていった方が、たとえ税金の支払い義務があったとしても可能性が高いです。

仮想通貨市場全体の暴落時には一度日本円に戻して様子を見ることもできるので精神的にもオススメです。仮想通貨市場は人気銘柄の移り変わりも激しいですし、株式市場にも影響を受けます。

今ちょうどリーマンショックから10年です。株式市場で10年サイクルで起こる大暴落が来た際、価値の保存としてビットコインがデジタルゴールドの役目を果たすかどうかで考えると、果たさない可能性が高いです。2018年は空売りを仕掛ける機関投資家も本格的に仕掛けてきます。

ガチホ戦略は、2018年以降は様々なリスクのある仮想通貨市場では基本的にオススメできません。。。しかし仮想通貨が将来伸びると感じていて数年単位で保有できるなら今からでもガチホはありです!そもそもガチのガチホ勢は数年単位で見てますからね!

 

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像