ビットフライヤーの本人確認に必要な時間と提出書類・写真一覧

ビットフライヤーの口座を開設する時には、準備するものをあらかじめ把握しておくとスムーズに口座開設ができます。

ビットフライヤーは、口座開設時の本人確認書類に使える証明書の種類が豊富なことが特徴です。その一方で、最終確認に「郵送」という手段を用いているため、仮想通貨の売買が可能となる上位アカウントが使えるようになるまでには一定の時間がかかります。

本人確認用の提出書類や証明写真として何が必要なのか、どのぐらいの時間が必要になるのか、解説します。

 

ビットフライヤーの口座開設には登録人名義の身分証明書が必要

非常に基本的なことですが、ビットフライヤーの口座開設に使うことが出来る身分証明書は、口座を開設する本人名義のものである必要があります。

 

運転免許証があればそれがベスト

ビットフライヤーに限りませんが、身分証明書としては運転免許証があればそれが最適です。運転免許証は、身分証明書として必要な条件全てを満たしていて、常時携帯しているものだからです。

 

住所、氏名、生年月日、顔写真が確認できることが重要

公的な身分証明書として必要な要件は、氏名、生年月日、現住所、顔写真が確認できることです。場合によっては顔写真までは求められないこともありますが、有るに越したことはありません。

 

日本の官公庁、公的機関が発行していることが必須条件

また発行者についても条件が定められる場合がほとんどであり、基本的に、日本の官公庁、公的機関が発行していることが求められます。

 

運転免許証以外に使用可能な本人確認書類

運転免許証があればそれがベストなのですが、車の運転をする必要が無いので運転免許証を持っていないという人もいるでしょう。

運転免許証以外に、ビットフライヤーの口座開設に使うことが出来る身分証明書は次の通りです。

 

口座開設に使うことが出来る身分証明書
①パスポート
②個人番号カード(顔写真あり)
③住民基本台帳カード(顔写真あり)
④各種健康保険証・共済組合会員証(カード型健康保険証)
➄各種健康保険証(紙型健康保険証)
⑥各種年金手帳(厚生年金、国民年金、共済年金等)
⑦各種福祉手帳
⑧印鑑登録証明書
➈住民票の写し
➉在留カード
⑪特別永住者証明書

 

IDセルフィー(自撮り)の登録

ビットフライヤーでは身分証明書と自分の顔を一緒にとる、IDセルフィーの提出を求められます。

非常に間違えやすいポイントなのですが、身分証明書の写真と、セルフィー(自撮り)の顔が一致していることを求められる、という意味ではありません。

運転免許証など提出する本人確認用の身分証明書を、自分の手に持った状態で、自分の顔と共にセルフィー(自撮り)撮影するという意味です。

身分証明書に記載されている文字と、自分自身の顔がハッキリ見える写真であることが条件です。不明瞭な場合は、再提出を求められてしまいますので、注意して撮影しましょう。

 

IDセルフィー登録のメリット

ビットフライヤーでは、IDセルフィーを提出することでクレジットカードで仮想通貨が購入できるようになります。

クレジットカードで仮想通貨を購入すると手数料がかかりますので、緊急時以外は避けた方が良いのですが、いざという時のためにも登録しておくことをおすすめします。

 

スマホで自撮りする時のポイント

身分証明書に記載されている文字が不明瞭だと再提出になってしまいますので、しっかりピントを合わせて撮影する必要があります。

カメラからの距離によってピントが合う範囲が決まっていますので、身分証明書を持つ手と自分の顔をできるだけ近づけることが重要です。

 

スマホで自撮りする時の注意点
・身分証明書を持つ手と自分の顔をできるだけ近づける
・できるだけ明るい場所で撮影する
・可能なら自分以外の人に撮影してもらう

 

【参考情報】未成年が口座開設する際に必要な書類

ビットフライヤーは未成年でも口座を開設することが出来ますが、いくつか提出が必要な書類があります。

未成年が口座開設する際に必要な書類は、申し込み画面上から画像写真というかたちで提出することは出来ず、全て郵送する必要があります。

 

保護者の承諾書

まずは保護者の承諾書を提出する必要があります。ビットフライヤーの公式サイトからダウンロードした承諾書に必要事項を記入した上で、保護者が署名捺印する必要があります。

 

保護者の顔写真付本人確認資料のコピー

さらに保護者の本人確認資料が必要となります。保護者の氏名、生年月日、住所、顔写真が掲載されていることが求められます。

 

【参考情報】法人名義で口座開設する際に必要な書類

ビットフライヤーは法人名義でも口座を開設することが出来ます。個人で口座開設する場合と同じく、法人の基本情報を入力して行く流れとなりますが、確認書類として登記事項証明書等の提出を求められます。

登記事項証明書等の提出は、ビットフライヤーの公式サイトの申し込み画面上から画像写真として提出するかたちとなります。

 

登記事項証明書

「登記事項証明書・登記簿謄(抄)本」の原本(登記官印があるもの)が必要となります。

ほか、発行日より6カ月以内で、妙証、本店または主たる事業所の所在地、事業の内容、代表権を有する役員が記載されている必要があります。

 

委任状の提出が必要なケース

取引責任者が登記事項証明書に代表権を有する役員として記載されていない場合は、委任状の提出が必要となります。

 

NPO法人などは口座開設不可

ビットフライヤーで口座開設をできる法人格は、株式会社、有限会社、合同会社、合資会社、社団法人に限られます。

これらに該当しないNPO法人などは口座開設することができません。

 

ビットフライヤーの口座開設に必要な時間

ビットフライヤーで口座開設しようとする人は、すぐに仮想通貨を売買したい!という気持ちがあると思います。ビットフライヤーの口座開設は、準備さえしっかりしておけば全体としては速やかに進行します。

口座開設から、実際に仮想通貨の取引ができるようになるまでに、具体的にどのぐらいの時間がかかるのか、説明します。

 

本人確認にかかる時間

本人確認に必要な時間は、それほど長くはかかりません。私が口座開設した時には、土日でしたが30分もかかりませんでした。本人確認書類には運転免許証を使いました。

ネット上では、原則として1~2日で承認となり土日は営業日に含まれないという情報もありますので、口座開設希望者が殺到するタイミングでは待つことがあるかも知れません。

 

銀行口座の承認にかかる時間

銀行口座の承認には、本人確認よりも若干時間が長くかかります。分単位で承認されるということは無いようです。私が口座開設した時には翌日の承認でした。

原則として1~2日で承認されますが、土日は営業日に含まれません。

 

最後に書留郵便ハガキの受け取りが必要

ビットフライヤーの口座開設は、最終的に書留郵便のハガキを受け取ることで完了します。

日本国内の郵便事情を考慮する必要がありますが、年末年始など特殊な時期でない限りは、目立って遅れることは無いようです。

全て完了するまでに長くても1週間程度必要と考えておけば間違いないでしょう。

 

未成年の場合

未成年の場合は、保護者の承諾書と保護者の顔写真付本人確認資料のコピーを、ビットフライヤーの申し込みサイトからの写真画像での提出が出来ないために一定の時間がかかってしまいます。

未成年で口座開設を急ぐ場合は、コインチェックなどの取引所を検討するのも一つの手段でしょう。

(参考)コインチェックの公式サイトはこちら

 

法人の場合

法人の場合は、未成年の場合と違って、必要書類は全てビットフライヤーの申し込みサイトから写真画像で提出することが出来ます。特に遅延要素となる事項はありません。

 

まとめ

  • ビットフライヤーの口座開設には登録人名義の身分証明書が必要
  • 運転免許があればそれがベストですが、各種健康保険証でも証明書として使用可能
  • IDセルフィー(自撮り)を登録することでクレジットカードが使用可能になる仕組み
  • ビットフライヤーの口座開設そのものは、全体としては30分もあれば十分
  • 銀行口座の確認には1~2日見ておいた方が良い
  • 最後に書留郵便ハガキの受け取りが必要

 

ビットフライヤーは、口座開設の時に使える本人確認書類が豊富で、特に健康保険証が使えることは運転免許証を持っていない人には大きなメリットです。

反面、最終確認が郵送(書留郵便の受領)で行われるなど、口座開設全体にかかる時間は若干長めです。仮想通貨の取引所には、それぞれの特徴があります。自分の用途と目的に合った取引所を選ぶようにしましょう。

 

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像