2018年|イーサリアム(ETH)下落・高騰の理由と今後の将来性

仮想通貨大好きダイゴ
「イーサリアム(ETH)の下落の理由は?」「イーサリアム(ETH)の高騰の原因は?」など、イーサリアムの価格の動きの原因が気になっている人は多いと思います。

僕も、これまでの高騰・下落の原因を知っておくことで今後の価格の動きをある程度予想できるようになると思います。

そこで、今回はイーサリアム(ETH)の価格の下落・高騰の理由と今後の高騰・下落の予想について記事にしてみました。

最後まで読んで頂ければ、イーサリアム(ETH)の価格の動きについて基本的なことは理解出来ます。是非参考にしてください。

 

イーサリアム(ETH)高騰の原因


イーサリアムは2017年の1年間で価格が約60倍に跳ね上がりました。価格高騰のタイミングは大きく分けて2つあります。

それぞれの期間について、イーサリアム(ETH)の高騰理由を紹介していきます。
 

①トヨタ自動車・三菱UFJ銀行がEAAに参加表明

2017年の5月にトヨタ自動車と三菱UFJ銀行がEAA(イーサリアム企業連合)への参加を表明しました。

EAAは、マイクロソフトやJPモルガンなどの巨大企業が多数所属するイーサリアムのビジネスへの活用を研究する連合です。

日本屈指の巨大企業である2社が参加表明したことでイーサリアムへの期待値が高まり価格が大高騰しています。

当時1ETH1万円程度だった価格が最大で4万8千円まで高騰したため、約5倍程度の大高騰です。
 

②イーサリアムのシステムを利用したアプリの流行

2017年の12月に「CryptoKitties」と呼ばれる仮想の仔猫を育成するゲームが海外で大流行しました。

「CryptoKitties」はイーサリアムを活用して作られたアプリで、育てた仔猫をEther建てで売買するゲームです。

珍しい種類の仔猫になると日本円で数百万の価格がつくこともあり、多額の取引が行われました。

このゲームの流行で、Etherの需要が高まり価格が一気に高騰しました。

当初5万円台だったイーサリアム(ETH)が最大で9万4千円程度まで高騰したので、約2倍の価格上昇です。
 

イーサリアム(ETH)下落の原因


イーサリアム(ETH)の価格の下落は、大きく分けて2つの期間に分けられます。

それぞれの期間の価格下落の原因について紹介していくので、是非参考にしてください。
 

②ハードフォーク(アップデート)の遅れによる不安での不安定期

2017年の7月〜11月にあけてイーサリアムの価格は上がったり下がったりを繰り返します。

これは、特に大きなニュースが無かったこととイーサリアム(ETH)の3回目のハードフォーク(アップデート)メトロポリスの実行が予定よりも遅れたことが原因であると言われています。

イーサリアム(ETH)の今後への期待と、ハードフォークの遅れによる不安が入り交じって価格大きく価格が上がることも下がることもありませんでした。
 

2018年1月16日~18日にかけて仮想通貨市場全体での下落の原因


2018年1月16日~18日にかけて市場に出回っている全ての仮想通貨が一斉に大下落しました。

もちろん、チャートを見ても解る通りイーサリアム(ETH)の価格も下落しています。

このときは、1ETH当たり11万5千円だった価格が8万7千円程度まで下落しています。

この市場全体の大暴落の原因は世界的な仮想通貨への規制強化であり、特に中国と韓国の規制強化が原因であると言われています。
 

韓国による規制強化

2018年の1月韓国中央銀行総裁イ・ジュヨル氏がメディアで「仮想通貨は法定通貨では無い」との発言をしました。

また、韓国法務部長官が「韓国国内にある全ての仮想通貨取引所の閉鎖を検討している」と発言していることを多くの韓国メディアが報道しました。
 
実際には、その後「取引所の閉鎖で無く、不法取引などに対処するために法整備を勧める」と発表されています。

結局、外国人によるマネーロンダリングを抑制するために韓国国内での仮想通貨取引所で外国人は韓国ウォンを入金できなくなることが決定しました。
 

中国による規制強化

2018年1月、中国では、中国人民銀行(中国中央銀行)副総裁の潘功勝氏が「仮想通貨の取引所取引や個人・企業が提供する仮想通貨関連サービスを禁止すべき」との見解を示していることが発表されています。

また、今後マイニングやウォレットについても規制が強化されていく可能性が高いことも発表されています。

仮想通貨、特にビットコインのマイニングセンターの5割以上は中国国内に集中しています。そのため、今後仮想通貨市場に大きな影響を与えていく可能性が高いです。
 
 

イーサリアム(ETH)の今後の高騰


イーサリアム(ETH)が今後高騰する理由として3つの事柄があげられます。ここでは3つの理由について詳しく解説していきます。

100%保証はできませんが、こうなる可能性は高いので是非参考にしてください。
 

ETH高騰理由①:最後のハードフォーク(アップデート)が完了

イーサリアム(ETH)は2015年の7月にローンチされた当初から4回のハードフォーク(アップデート)が行われることが決まっています。

そのため、現状のイーサリアム(ETH)はβ版と言っても過言では無く次のハードフォーク(アップデート)が心待ちにされています。

2018年3月現在では、3回目のハードフォーク(アップデート)であるメトロポリスが途中まで完了しており、最後のハードフォーク(アップデート)のセレニティが2018年中に控えています。

最後のハードフォーク(アップデート)であるセレニティを終えてイーサリアム(ETH)は完全版になるため、セレニティが終わる段階で高騰する可能性は高いです。
 

ETH高騰理由②:ウェブボット(AI)が大きな変動を予想

仮想通貨の今後を予想するAI(厳密にはAIでないが便宜上AIとする)として有名なウェブボットがイーサリアムに関して「2018年3月に大きな変動がある」と予見しています。

ウェブボットとは元マイクロソフトのコンサルタントのクリフ・ハイ氏が開発したAIで、SNS上の人間の感情を抽出してまとめる事で仮想通貨の今後について予想しています。

例えば、SNS上に「ビットコインはもう終わりだ」と言った書き込みが増えれば金額が下がるという予想を出すし、「ビットコインは今年1000万円になる」のような書き込みが多ければ金額が上がるという予想を出すプログラムです。

仮想通貨の金額は人の「期待」の上になりたっているものなので、人の感情を読み取るウェブボットの予想が当たるのもうなずけますね。

事実、これまでNEOの高騰や中国による規制強化を見事に言い当てています。以上のことからウェブボットの予想はある程度高い信頼性があると言えます。
 

ETH高騰理由③:ICOの流行

2017年の後半から企業が仮想通貨を発行して資金を調達する「ICO(Initial Coin Offering)」と呼ばれる手法が流行の兆しを見せています。

通常企業は株式を発行(IPO)して資金を調達しますが、IPOの場合多くの株式を取得されてしまうと株主に経営への口出しをされてしまうリスクがあります。

一方でICOの場合、新規で仮想通貨を発行して資金を調達するので仮想通貨を購入した人に経営に介入されるリスクは0です。

そのため、特に中小企業にとってIPOに変わる新たな資金調達方法になり得ると注目されています。

詳しい技術的な説明は省きますが、ICOで発行する仮想通貨はイーサリアムのシステムを利用してETHトークンとして発行される場合が多いです。

結果、ICOが増えれば増えるほどイーサリアムの需要も高まるのでイーサリアムの高騰の理由になり得ます。
 

イーサリアム(ETH)の今後の下落


イーサリアム(ETH)が今後下落する理由として現状2つの理由が考えられます、それぞれについて詳しく解説していきます。

100%保証できる内容ではありませんが、こうなる可能性は高いので是非参考にしてください。
 

高騰のあとの下落

仮想通貨全般に言える事ですが、価格が大高騰下あとはある程度まで一気に下落します。

イーサリアムは今後、ハードフォーク(アップデート)やICOの影響で高騰しやすい仮想通貨と言えます。

ただし、大高騰後の大きな下落は避けられないので短期取引を行う人は売り時を逃さないようにしましょう。
 

ETH下落理由②:仮想通貨は1月~2月は下落する傾向

こちらも仮想通貨全般に得る事ですが、1月〜2月は価格が下落する傾向にあります。

理由は定かではありませんが、主要な仮想通貨のチャートを見ると毎年1月〜2月、長いと3月にかけて下落の傾向です。

そのため、2019年の1月〜2月にかけてもある程度価格が下落する可能性が高いと言えます。
 

まとめ

         

  • ETHはトヨタ自動車・三菱UFJ銀行のEAAへの参加表明で高騰した
  • ETHはCryptoKittiesの大流行で高騰した
  • ETHは世界的な仮想通貨への規制強化で大下落した
  • ETHは2018年で最後のハードフォークを終える予定
  • 2019年の1月〜2月は価格が下落する可能性が高い
  •     
        

ここまで、イーサリアム(ETH)の高騰・下落の原因と今後の高騰・下落についてまとめてきました。

この中で特に注意すべきなのが仮想通貨市場全体に対して世界的に規制が強化されてきていることです。

2018年1月の大暴落は、韓国と中国の規制強化が原因でしたが今後も同じようにどこかの国の規制による大暴落は有り得ます。

そのため、仮想通貨取引を行うのであればしっかりと世界レベルで情報を集めて暴落に備える必要があります。

また2018年のイーサリアム(ETH)は高騰要因が多く買いの仮想通貨の1つであると言えます。

特に4回目のハードフォークセレニティに伴ってある程度の高騰がある可能性が高いので、セレニティまでだけでもETHを購入しておくことをおすすめします。

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像