イーサリアムクラシック(ETC)とは?わかりやすく簡単に解説

matsu
こんにちは。「仮想通貨セブン」編集部のmatsuです。仮想通貨のイーサリアムクラシック(ETC)について初心者の私が徹底的に調べてみました。仮想通貨は数が非常に多く、全てを把握することは個人投資家には無理があります。投資は良いタイミングで良い仮想通貨に投資する必要があるのですが、今、今後伸びていくと密かに億り人達が注目している暗号通貨がイーサリアムクラシックです。

 

イーサリアムクラシック(ETC)の基本情報

通貨名 イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)
通過略号 ETC
公開日 2016年7月20日
発行上限枚数 無限(理論上制限なし)
ブロック生成間隔 約12秒
国内取扱取引所 コインチェック・GMOコイン・ビットフライヤー
公式サイト https://ethereumclassic.github.io/
アルゴリズム Ethash/Casper
供給量 99062218ETC(2018年1月時点)

 

イーサリアムクラシック(ETC)が誕生するきっかけとなった「The DAO事件」とは

仮想通貨のことを少しでもかじったことがある人なら、ビットコイン以外にも「イーサリアム」っていう仮想通貨があることはご存知だと思います。そもそもの疑問として、「どうしてクラシック」って、いう単語が名前に付いているんでしょうか?

「別に要らないんじゃない?」って思ったりもしますが、「クラシック」と付くのにはそれなりに理由があります。2016年当時、イーサリアムという仮想通貨がありました(今もあります)。

仮想通貨の中で時価総額が2位になるくらい人気のある仮想通貨だったのですが、2016年6月にハッキング被害にあってしまうのです。その額360万ETH(イーサ)で、約52億とも64億とも言われています。

この事件を受けて対応に追われた開発チームは、「ハードフォークによって不正送金が行われる前の状態に戻す」という方法をとります。(ハードフォークをするとハッキングされた通貨は使えなくなる)

この方法にコミュニティの約9割が賛成し、ハードフォークは実行されて、このハッキング被害は無効化されました。しかし、解決方法を中央集権的介入だとし、納得しない技術者を始めとするコミュニティの一部が反発し、ハードフォークを拒んだのです。

そして彼らの「ソフトフォーク」により、「イーサリアムクラシック」が誕生したのです。

そうして誕生した「イーサリアムクラシック」は、ハッキングの被害に合わないように、セキュリティー面を向上させ、拡張性を制限されている作りになっています。

ここは勘違いしやすいポイントで、私も当初は勘違いしていたのですが、「イーサリアムクラシック」は、このTheDAO事件で新たに生み出されたのではなくて、元々のイーサリアムをソフトフォークした暗号通貨「イーサリアムクラシック」なのです。

ハードフォークによって、新たに生まれたのは「イーサリアム」(今の)です。名称が同じだから、同じ暗号通貨だと思いがちですが、実は違う暗号通貨なんですね。

「イーサリアムクラシック」に「クラシック」がついているのは、TheDAO事件の前のイーサリアムの流れをそのまま受け継いでいるからこその「クラシック」というわけです。

 

イーサリアム(ETH)とイーサリアムクラシック(ETC)は何が違うの

ここまで書いてみても、理解するのがなかなか難しい暗号通貨ですが、「イーサリアム」と「イーサリアムクラシック」ってどんな違いがあるのでしょうか?派生したのだから違いなんて少ないような気がしますが・・・まとめてみました。

 

暗号通貨としての機能面の違い

機能面では、ほとんど違いがありません。そりゃ、そうですよね。だって、派生した訳ですから。

ブロックチェーン上で契約をプログラム化する仕組みのスマートコントラクトという「イーサリアム」の機能は、どちらにもあります。

それと、暗号通貨によく出てくる「ブロックチェーン」っていうキーワードがありますが、これは一言でいうと台帳。「分散型台帳技術」のことを言います。

ウィキペディアには下記のように書かれています。

ビットコインの中核技術(Satoshi Nakamotoが開発)を原型とするデータベースのこと(Wikipediaより

 

コミュニティーの考え方の違い

暗号通貨の世界っていうと、ソースコードによるシステムが大きな割合を占めていますし、これが全て!と言っても言い過ぎじゃありませんが、それらを作るのも扱うのも人間です。

感情の生き物の人間は、考え方だったり、信念だったりと言った「感情」が大きく物を言うものです。私達が普段喜んだりムカついたりするのも、感情ですからね。

イーサリアムクラシックも「中央集権的か」、「非中央集権的か」という信念の違いから分裂しました。

  • イーサリアム=中央集権的な考え方のコミュニティ
  • イーサリアムクラシック=非中央集権的な考え方のコミュニティ

この違いが大きいんですね。

 

市場規模の違い

投資目的の暗号通貨の場合、市場規模というのは重要なポイントでもあります。市場規模が大きいと、資金量が多くて経営状態が安定しますからね。

時価総額でイーサリアムは現在、ビットコインにつぐ2位の規模があります。(ドルベース)

一方、イーサリアムクラシックは、新たに誕生した他の通貨の影響などもあり、時価総額ランキングはなかなか上がらない現状です。(10位前後を行き来しています)

 

イーサリアムクラシック(ETC)のメリットとデメリット

そんなイーサリアムクラシックのメリットとデメリットを知ることも大事。投資対象となるからには、良い点も悪い点も把握するのは当たり前ですからね。

 

メリット

  • 記事の中にも書きましたが、イーサリアムから分裂したので、暗号通貨としての特徴は同じ
  • 非中央集権的な概念
  • 他の通貨同等の取引環境

イーサリアムと特徴が同じって結構重要で、「時価総額2位の通貨と同じ」っていうフレーズだけでも投資家に安心感を与えることに繋がります。

それに取引環境も他の通貨と同等って環境も重要。アクセスできなきゃ何にもできません。

 

デメリット

  • 価格変動の影響を受けやすいし、影響を与えることがある
  • 現状だとイーサリアムの下位互換

信念の違いから袂を分けましたが、イーサリアムと基本的な機能が同じですし、私達個人投資家からみれば、どっちも同じようなもので兄弟みたいな仮想通貨だから、お互い影響しあうんです。

 

まとめ

  • イーサリアムクラシックの基本情報
  • イーサリアムクラシックが誕生する「The DAO事件」
  • イーサリアムとイーサリアムクラシックの違い
  • イーサリアムクラシックのメリット・デメリット

について書いてきました。

暗号通貨に投資するなら、まずは投資対象を徹底的に調べてリスクを把握することが、個人投資家には必須です。大事な自分の資産(お金)を投資するわけですからね。

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像