GMOコインの評判・口コミ~メリット&デメリットを徹底考察~

仮想通貨を新しく始めるユーザーにとっては、どの取引所・販売所がベストなのかを知っておきたいですよね。

「GMOコインって比較的新しい販売所だけど安心して使えるの?」
「手数料はどれくらいかかるの?」

などは実際問題、気になるところですよね。

これから仮想通貨を利用するからこそ、失敗しないようにより慎重に選びたいですよね。

そこで、GMOコインの評判や口コミを徹底考察していきます。

使う前にメリットとデメリットの両方を知っておくと、きっと安心できると思います。

 

GMOコインの良い評判・口コミ

 

GMOコインのメリットとしては、主に手数料が安いこと、アプリが使いやすいこと、FX取引でのスプレッドが狭いといった口コミが目立ちました。

また運営会社が大手なので、安心して利用しやすいと言えます。

手数料が無料で利用できる項目が多いのもユーザーにとってはうれしいですね。

 

GMOコインの悪い評判・口コミ

 

デメリットとしては、口座を開設するのに時間がかかることや、予想していたよりもスプレッドが広かったなどがあげられます。

スプレッドの狭さに期待して登録した人たちが多いので、当然スプレッドに関する不満が多く見られました。

また、口座開設は通常1週間程度で済みますが、登録希望者が殺到すると1ヶ月以上かかる場合もあるので、手続きを早めに済ませるようにしましょう。

 

使ってみて分かったGMOコインの5つのメリット

メリットはユーザーにとって、たくさんあるに越したことはないですよね。

せっかく利用する以上、メリットを最大限に活用していきましょう。

ここではGMOコインの5つのメリットをご紹介していきます。

 

仮想通貨FXができる

GMOコインでは仮想通貨FX、つまり仮想通貨を利用した証拠金取引が可能です。利用可能な仮想通貨はビットコインのみで、レバレッジは最大5倍になっています。

レバレッジ取引は、口座に入ってある金額よりも大きな金額を動かすことができる、いわばハイリスク・ハイリターンの取引であると言えます。

そして、通常では追加証拠金制度といって、損失が出た場合に追加で請求されるケースが多いですが、GMOコインの仮想通貨FXには追加証拠金制度がないのがポイントです。

そのため大きく損をして借金を背負うリスクがありません。

また一定の損失が出た場合、自動的に取引が終了するロスカットルールも適用されるので、初心者の方でも安心してできる仕組みになっています。

 

「追加証拠金制度」なしに関してですが、証拠金の額を上回る損失が生じた場合、超過額を支払わないといけない旨が記載されています。必ずしも追加請求されないわけではないので注意が必要です。

出典:仮想通貨FX

 

専用アプリ『ビットレ君』が使いやすい

GMOコインではスマホからでも簡単に取引ができる、仮想通貨FX取引専用アプリの「ビットレ君」が利用できます。

iOS、Androidの両方にタイプしているので、どちらのユーザーでも問題なく手軽に使用できます。

1タップするだけで即時発注ができるスピード注文機能は、相場変動のタイミングを見逃しません。

また新規注文、決済注文、ロスカットなど取引手数料が無料で、24時間いつでも利用できるのがうれしいポイントですね。

チャート機能が充実していて、外出先でもチェックしやすいので、本格的なトレーダーにもおすすめのアプリです。

以下は『ビットレ君』で使えるチャート・テクニカル指標になります。

チャート

  • 単純移動平均線
  • 指数平滑移動平均線
  • ボリンジャーバンド
  • 一目均衡表
  • 平均足

 

テクニカル

  • MACD
  • RSI
  • DMI/ADX
  • RCI

 

基本的に手数料が全て無料

GMOコインのもっとも魅力的な点は、手数料のほとんど全てが無料だということです。

入出金や送金の際に手数料がかかる取引所や販売所が少なくないですが、GMOコインなら基本的に手数料が全て無料なので、心配する必要がありません。

これなら頻繁に利用する方でも余計なコストがかからないので、利用をためらわずにできます。

基本的に手数料はほとんど全て無料ですが、スプレッドが実質の手数料に当たることを覚えておきましょう。

また場合によっては、手数料が多少かかってくるので注意しましょう。

出典:手数料

 

一部上場企業が運営していて安心

GMOコインは、比較的新しくできた仮想通貨販売所なため、安心して使えるのか心配な方もいらっしゃると思います。

しかし、心配する必要はありません。

なぜなら、GMOコインは、一部上場企業のGMOインターネットグループの傘下にあるGMOコイン株式会社が運営しています。

また、金融庁から仮想通貨交換業者として認められており、セキュリティ対策も万全だからです。

いくつものサービスを運営している点や、それらの実績から安心して使用できると言えます。

 

平成29年9月29日に、近畿財務局(金融庁)に仮想通貨交換業者として正式に登録されています。

出典:仮想通貨交換業者登録一覧

GMOコイン資産と顧客資産の分別管理したり、コールドウォレット管理やマルチングに必要な秘密鍵を複数の場所で保管しています。サイバー攻撃対策としては、2段階認証の必須化とシステムの24時間365日監視などでユーザーの資産を守ります。

出典:セキュリティ・顧客資産管理

 

サーバーが安定している

仮想通貨の変動によって、ユーザーのアクセスが集中するとサーバーが落ちて、一時利用ができなくなることがあります。

しかしGMOコインでは、サーバーが比較的安定していてサクサク進むといった口コミが見られます。

ただし、今後ユーザーが増えてくるとサーバーに影響が出てくる可能性があることも頭に入れておきましょう。

 

使ってみて分かったGMOコインの3つのデメリット

メリットでは手数料の安さや信頼性の高さが目立ったGMOコインですが、残念ながらデメリットもあります。

デメリットも理解したうえで利用するとギャップが少なくなるので、しっかり見ておきましょう。

ここでは、使ってみてわかった3つのデメリットをご説明していきます。

 

販売所なのでスプレッドが高く取引所よりもコストがかかる

販売所の特長としては、販売所とユーザー間の取引で提示された価格ですぐに売買することが可能ですが、買値と売値の差であるスプレッドが取引所よりも高いといった点があげられます。

このスプレッドが実質的な手数料になり、スプレッドが高くなるほど手数料がかかります。

またFXのスプレッドに関しても最初の頃は300円という仮想通貨業界の中ではトップクラス安い設定でしたが、現在では基本スプレッドが高く、最悪50,000円にまで登ったケースもあり、コストがかかると言われています。

 

突然のアカウントBAN

GMOコインのご利用規約にあるサービス基本約款の第17条に解約等に関する事項が記載されています。

項目に該当する場合は、事前の通知なしにサービスの利用の停止もしくは解約する旨が書かれてあるので注意が必要です。

口コミでも稼ぎすぎたために突然アカウントがBANになったとの書き込みが見られます。

 

サービス基本約款の第17条に解約等に関する事項が記載されています。

出典:ご利用規約

 

相場が荒れるとスプレッドが跳ね上がる

急激な相場変動でスプレッド変動が跳ね上がるケースがあります。

実際にスプレッド手数料が1500円~50000円前後まで変動したこともあり、今後も大きく変動する可能性があります。

大きく損をしないためにも、スプレッドが高い時に仮想通貨を売買することはできるだけ避けるようにしましょう。

 

まとめ

GMOコインの評判や口コミを徹底考察しましたがいかがでしたか?

今回の記事を大きくまとめると、以下のようになります。

 

  • GMOコインは一部上場企業が運営していて、サーバーも比較的安定しているなど信頼性が高い
  • スマホ用アプリ「ビットレ君」があり、仮想通貨FXが利用できる
  • 基本的に手数料は無料だが、その分スプレッドが高くコストがかかる
  • 相場変動でスプレッドが跳ね上がることもある

 

トラブルを防ぐためにも、メリットとデメリットの両方をしっかり理解したうえで利用するようにしましょう。

よかったら参考にしてみてくださいね。

 

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像