ビットコインとは?仮想通貨1年生の私が簡単にわかりやすく解説!

仮想通貨大好きダイゴ
「ビットコインとは?」「ビットコインについてわかりやすく説明して欲しい」などなど、今話題のビットコインについて知りたいと思っている人はとても多いと思います。

私も仮想通貨を始めたばかりの頃は、テレビもネットも難しくてわかりにくい説明ばかりだから簡単にビットコインについて教えて欲しい!と悩んでいました。

今回は、ビットコインについて専門用語を使わずになるべく簡単にわかりやすく紹介していきます。また、ヤフー知恵袋のわかりやすい回答やyoutubeの動画も一緒に紹介していきます。

この記事を最後まで読んで頂ければビットコインとは?についてわかってもらえると思うので是非参考にしてください。

 

ビットコインとは?初心者にもわかりやすく簡単に解説


ここでは、ビットコインとは?という疑問に初心者がわかるよう専門用語をなるべく使わずに簡単に説明していきます。

ビットコインとは?・ビットコインと電子マネーや商品券の違い・ビットコインのメリットデメリットの順で紹介していくので是非参考にしてください。
 

ビットコインとは?メリットやできること

ビットコインとは仮想通貨の1種です。

仮想通貨は、プログラムで作られたインターネット上に存在する通貨のことです。もちろん実体はありません。

ビットコインの最大の特徴は、現実の通貨の銀行や国に当たる管理する組織が存在しないことです。

そのため、現実通貨とは違った様々なメリットがあります。

ビットコインの代表的なメリット

  • 全世界共通の通貨
  • 国際送金の手数料が安い
  • 365日24時間送金可能

このような大きなメリットから次世代の通貨として注目されています。

今後ビットコインが世界中で使われるようになると、例えば次の様なことが可能になります。

ビットコインでできること

  • 海外旅行先で両替せずビットコイン決済だけで過ごす
  • 留学中の息子に数百円の手数料で送金
  • 土曜の夜にビットコインを振り込んで即反映

ここではすぐに説明できる簡単な話しか書きませんでしたがビットコインには、他にも様々なメリットやできることが存在します。

今はまだ一部の人しか使っていないビットコインですが、今後世界中で普通に通貨として使われる時代が来る可能性が高いです。

そのため、今のうちからビットコインにかかわることで使い方や詳しい技術的な話を理解しておくと将来楽にビットコインに馴染めると思います。
 

ビットコインと電子マネーや商品券の違いは?

ビットコイン 電子マネー
商品券
通貨との交換
管理者の有無
価格変動
送金の可否

ビットコインと電子マネー・商品券などの違いを表にしてまとめてみました。それぞれとても大切な違いですが、特に大きな違いは通貨と交換できるかどうかです。

ビットコインは国が正式に認めた貨幣価値のある通貨です。そのため、取引所を介して日本円やUSドルなどの通貨と交換(両替)することができます。

商品券もリサイクルショップや金券センターで換金できますが、あれは通貨の交換で無く貨幣の売買なので意味合いが違います。

また、電子マネーや商品券はそれを管理する組織があります。例えばセブンイレブンのナナコの場合セブンアンドアイが管理者です。この場合、セブンアンドアイが「ナナコは辞めます!」と言えばナナコは無価値になりますがビットコインにはそれがありません。

ビットコインは価格変動があることも特徴ですね。円 対 ドルの価格が時々刻々と変わるようにビットコイン 対 円の価格も時々刻々と変わっています。

最後に、送金の可否も大きな違いです。電子マネーや商品券はそのものを手渡しで誰かにあげることはできますが送金はできません。

ビットコインと電子マネー・商品券の間にはこのように大きな違いがあるので是非覚えておいてください。
 

ビットコインのメリット・デメリット

ビットコインのメリット・デメリットに関して簡単に説明しておきます。

今回は、メリット・デメリットの順番に3つずつ紹介していきますね。まずはメリットから書いていきます。

ビットコインのメリット

  • 全世界共通の通貨
  • 海外送金料が安く全世界どこでも送金可能
  • 365日24時間送金可能
ビットコインの最も大きなメリットは全世界共通で使える通貨である点です。

そのため、海外旅行などでいちいち現地通貨に両替をしなくともビットコインだけで決済をすることができます。

次に海外送金料が安くネットが繋がっていれば全世界どこへでも送金できるのも大きな魅力ですね。

銀行を介した通常の海外送金は手数料が5000円程度かかりますが、ビットコインの海外送金なら数百円で済んでしまいます。

また。365日24時間送金可能である点もメリットです。平日に銀行に行く時間がとれなくともビットコインならいつだって送金できちゃいます。

ビットコインのデメリット

  • 法規制が弱い
  • 使えるお店が少ない
  • 価格変動が激しい(投機対象)
ビットコインの最も大きなデメリットは、現状法規制がとても弱いことです。

例えばFXの場合取引所が破綻しても預けていた資産は法律で保証されますが、ビットコインの場合それがありません。

次に、未だ使える店舗が少ないことも大きなデメリットです。

日本国内だとビックロやメガネスーパーなど本当に極一部の店舗でしかビットコイン決済をすることができません。

また、現状投機対象となっており価格変動が激しいこともデメリットです。

せっかく送金したは良いものの現地通貨に換金する前に大暴落されたら手数料どころの話じゃ有りませんからね。

しかし、これらのデメリットはどれもビットコインが普及するにつれてなくなっていくことです。

そのため、今からビットコインが世界的に普及していくのが楽しみでもあります。
 

ビットコインとは?に関するyahoo知恵袋の回答3選


ここでは、ビットコインとは?に関するヤフー知恵袋の質問に対する回答の中で特にわかりやすい回答を引用して紹介していきます。

私よりもビットコインに詳しくてわかりやすく解説している人が多かったので是非参考にしてください。
 

Q1.ビットコインとはなんですか?小学生でもわかるように教えてください

仮想通貨といって、実際には無いものを「ビットコイン」などと呼んで、国内外でそれ売って。はい、0.03ビットです、みたいに使える単位ですね。

問題はそんなコインなら私も欲しいという人がいるので、株式と同じように取り引き所があることで1ビットの価値そのものが大きく上がったり下がったりするのです。

去年は20倍になってるので500万円ぶん投資した人は2億円になってますよ。ただし、一日で2割くらい下がることもあり得るので根性いります。

また、マイニング(発掘)と呼ばれる作業もあります。これは、誰でも自分のコンピュータで会計を手伝って適切な支援をした人に1ビット払われます。

このお手伝いだけがコインの新規発行の水源地なのです。でも、コイン一枚が200万円超えることや総本部がどこにも無いこと、通貨の代わりに使われすぎると各国が困るので規制入るとかなりやばいです。

現に世界一の取り引き過熱国の韓国では部分禁止の動きもあります。

私の感覚はおじさん感覚なので、本当の国際決済通貨のドルの代わりになる日が来ないともいえません。質問者さんの感覚のほうが上なら大儲けのチャンスではありますね。

引用:yahoo知恵袋

 

Q2.ビットコインとはどういうものですか?社会勉強程度に教えて欲しいです

通貨と言っているけれども、実は2チャンネルや知恵袋と同じようなプログラムです。目に見えないサイトです。

資金が移動するなんて言いますけれども、実はサイトにそういうデータが刻まれるだけです。

ユーザーは秘密鍵と公開鍵(ウォレットアドレス)を用いて自分が所有しているとするデータにアクセスします。

ウォレット(財布)というのは、窓口っていうだけで、本当にそこにコインが存在するのではありません。

例えば「ビットコイン」というサイトに「このアドレスに何ビットある」というデータが刻まれているだけなのです。

そこにアクセスできるのがウォレットなわけです。このアクセスのことを「同期する」と言います。

そのサイトは一台のサーバーが管理している(中央集権)のではなく、みんなのパソコンがデータをシェアしている(非中央集権)のです。

ただし、ビットコインを所有しているパソコン全部が、というわけではなく、サイトを全部取り込みたいパソコンだけが全世界すべてのデータを保持しています(フルノード)。

それ以外はアクセスするだけのパソコンです(ノード)。今、ビットコインの全世界の取引記録は70GBだそうです。

つまり、2チャンネルや知恵袋のようなサイトを丸々全部自分のパソコンに入れた場合、そのくらいのデータですよ、と言っているわけです。

そこで1台のパソコンがハッキングされたり、壊れたりしてデータが消失しても、世界のどこかのパソコンが1台でも正統なデータを残していれば、サイトが丸々全部復活することが出来るのです(分散型アプリケーション)。

資金を移動させたいとします。アドレスから別のアドレスへ送るのに、数学で解ける暗号が生成されます。

それは秘密鍵と公開鍵で解けるものなのですが、第3者のパソコン、その送金が正統なものかどうかを検証する作業に参加している世界中のパソコンが難解な暗号を解き、それを検算し、正しさのお墨付きをもらって着金します。

暗号を解いたパソコンは報酬として送金手数料と新規発行されるデータを所有出来ます(マイニング)。

送金データはブロックに刻まれ、ビットコインの場合は10分でブロックが格納され、2度とデータを書き換えることが出来なくなり、それが鎖のように並んでいきます(ブロックチェーン)。

このシステムが、恐ろしく堅牢で安全であるということで値打ちがつきました。

社会に普及するには、さらに開発が進み、取引データが増えると検証が難しくなるという問題を解決しなければなりません。そのための開発競争が乱立する「通貨」の間で起こっている、というのが現状ですね。

引用:yahoo知恵袋

 

ビットコインとは、数ある中の1つなのですか?

ビットコインは一番古い暗号通貨で、ほかのコインは総称してアルトコインと呼ばれています。(ビットコイン以外を、アルトコインと呼ぶ)

先駆けである分、世界中に知られていますので、流動性が大きく、送金も早いので今後さらに、広まっていくと考えられています。

解かりやすく言語で例えると、ビットコインは英語で、アルトコインは他の公用語だと思ってもらえばよいと思います。

ビットコインは広く使いやすいですが、アルトコインにはまた別の特徴やメリットがありますので、多くの言語を知っていることは、とても役に立つことだと思います。

引用:yahoo知恵袋

 

ビットコインとは?が簡単にわかるおすすめ動画3選


ここでは、ビットコインとは?が簡単にわかるおすすめのyoutube動画を3つ紹介していきます。

池上彰さん始め、みなさんとてもわかりやすい解説をしてくださるので動画が見たい!という人は是非参考にしてください。
 

ビットコインとは?解説動画1:池上彰さんの解説


こちらは、地上はのTVで放映された池上彰さんによるビットコイン(仮想通貨)の解説です。

  • 仮想通貨ってそもそも何?
  • 電子マネーとどう違う?
  • なぜ信用して大金をつぎ込むのか?

といった内容について解説されています。
 

ビットコインとは?解説動画2:アニメーションで解説

こちらは、AirBitClubと呼ばれる会社が作成したビットコインに関する解説アニメーションです。

  • ビットコインとは?
  • ビットコインの利点
  • ビットコインは何故かちが有るのか?

といった内容について解説されています。

ちなみに、作成元のAirBitClub(エアービットクラブ)はマルチ商法の会社なのでサービスに登録しないよう注意してください。
 

ビットコインとは?解説動画3:youtuber bitkenさんの動画

こちらはビットコインyoutuberのbitkenさんの動画です。

  • ビットコインとは?
  • ビットコイン決済を導入する企業、サービス
  • 他のコインと比べてなぜビットコインが良いのか?

といった内容について解説されています。
 

まとめ

  • ビットコインは全世界共通の通貨である
  • ビットコインは安い手数料で海外送金ができる
  • ビットコインは365日24時間送金可能
  • ビットコインと電子マネーは「通貨と交換できるか」という点で違う
  • ビットコインは現状法規制が弱い点がデメリット

今回は「ビットコインとは」というビットコインの基本的な内容について解説しました。

その中でビットコインは、全世界共通の通貨で現状は安く海外送金ができる点でとても便利であることがわかりました。

現状決済手段としてビットコインを使える店舗はとても少ないです。

ですが、日本国内に関して言えば海外旅行者が増える東京オリンピックに向けて徐々に浸透していくと思われます。

まだまだ発展途上のビットコインですが、しっかりと世界に普及すれば世界をとても便利にしてくれる次世代の通貨です。

今のうちからビットコイン投資を始めてビットコインについて学んでおいても損することはないでしょう。

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像