仮想通貨市場の今後とこれから上がると言われているコイン10選!

take
こんにちは「仮想通貨セブン」編集部のtakeです。この記事では仮想通貨の今後について解説します。これからの事は誰にも分からないというのが本音ですが、世間一般の情報や有識者の考えをまとめましたので、参考にして頂ければ幸いです。

 

仮想通貨市場の今後はどうなる?これからの価格変動を予想!

2018年1月に大暴落を見せた仮想通貨。バブルが崩壊したという意見もありますが、仮想通貨市場自体は右肩上がりを続けているとも見て取れます。

長期的な視点で考えれば、仮想通貨の価格上昇はまだまだ続くように思えます。本来の用途である通貨としての使われ方が普及すれば、価格にも影響が出てくるでしょう。

いずれは適正価格に落ち着くとは思いますが。2018年2月現在ではまだまだ未知数。右肩上がりの変動を続けるものと思われます。

 

リップルだけじゃない!今後上がると言われている仮想通貨10選!

上がると言われている通貨の代表といえばリップルですが、一極集中は危険。今後伸びる可能性が高いと言われている10種類の通貨を紹介します。

 

今後上がると言われている仮想通貨①:Ripple(リップル)

参考:リップル公式サイト

ビットコインに迫る通貨だと言われているRipple(リップル)。潤沢な資金と先を見越した戦略で着々とサービスの拡大を目指しています。

長期保有に適しているとも言われており、今後上がると言われている仮想通貨の代表的な存在。仮想通貨初心者はまずリップルから始めるのが無難かも知れません。

 

今後上がると言われている仮想通貨②:Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)

参考:ビットコインキャッシュ公式サイト

ビットコインからの分裂によって生まれたビットコインキャッシュ。ビットコインの設計を守った正統派のコインです。

ビットコインキャッシュこそがビットコインであるという主張もあり、ビットコインに代わる通貨となる可能性を秘めた、注目のコインです。

 

今後上がると言われている仮想通貨③:Ethereum(イーサリアム)

参考:イーサリアム公式サイト

時価総額ランキング2位のイーサリアム。アルトコインの代表的な存在です。ホリエモンがおすすめしていた通貨ということで、興味を持った人も多いでしょう。

ビットコインには無い機能があり、不動産売買などの分野で広まる可能性のある通貨です。これから伸びる可能性は十分にあると言えるでしょう。

 

今後上がると言われている仮想通貨④:NEM(ネム)

参考:ネム公式サイト

コインチェックの流出事件で一躍有名になってしまったNEM。通貨そのものに問題があるわけではありませんし、これから伸びると言われているコインの一つです。

長期保有する人が多い傾向にあり、中長期的な目線で売買したほうが良いかもしれませんね。

 

今後上がると言われている仮想通貨⑤:Lisk(リスク)

参考:リスク公式サイト

JavaScriptを使ったブロックチェーン技術が注目されているリスク。不動産売買などの契約で有効活用できる通貨になるだろうと言われています。

サイドチェーン技術によりセキュリティ面での信頼度も高く、これから上がると予想されている通貨です。

 

今後上がると言われている仮想通貨⑥:Litecoin(ライトコイン)

参考:ライトコイン公式サイト

ビットコインの次にスタートした通貨であるビットコイン。基本的な仕組みはビットコインと似ており、ビットコインが上がれば一緒に上る可能性が高いです。

長期目線でビットコインが上がると考えれば、あわせて投資しておきたい通貨だと言えるでしょう。

 

今後上がると言われている仮想通貨⑦:Mona coin(モナコイン)

参考:モナコイン公式サイト

2ちゃんねるから生まれた仮想通貨であるモナコイン。既に実用されている通貨であるという点が大きなメリット。

2ちゃんねるユーザーといいう強力な愛用者がいることやビットコイン以上の利便性などから、今後伸びる可能性も高いと言われているコインです。

 

今後上がると言われている仮想通貨⑧:Neo(ネオ)

参考:ネオ公式サイト

上海を中心にやり取りされている仮想通貨Neo。中国版のイーサリアムと呼ばれれるコインで、スマートコントラクト技術を搭載しています。

日本の取引所では購入することは出来ませんが、今後伸びると言われている通貨の一つなので、海外の取引所からの購入を検討してみても良いでしょう。

 

今後上がると言われている仮想通貨⑨:Zcash(ジーキャッシュ)

参考:ジーキャッシュ公式サイト

送金元のアドレスを匿名化することが出来るZcash。プライバシーを守るために有効な通貨として注目を集めています。

送金性能も高く、今後値上がりが期待できる通貨の一つだと言われています。

 

今後上がると言われている仮想通貨⑩:Binance Coin(バイナンスコイン)

参考:バイナンス公式サイト

中国の仮想通貨取引所であるBinanceでコミュニティ通貨のように使われていたBinance Coin。2017年に一般公開されました。

取引所が運営母体であるため信頼度が高く、値上がりが期待できる通貨の一つです。

 

▼上記のコインを買えるおすすめの取引所はこちら

【手数料が決め手】仮想通貨取引所おすすめ比較ランキングと買い方・購入方法

2018.03.06

 

仮想通貨の今後について知っておきたい5つのこと

仮想通貨の今後について知っておきたい5つのことを解説します。将来の危険性や起こりうるリスクについてしっかりと知った上で、仮想通貨投資に取り組みましょう。

 

仮想通貨の今後について知っておきたいこと①:銀行が仮想通貨を発行する可能性がある

2018年には銀行が仮想通貨を発行すると言われており、仮想通貨市場に大きな変化が起こる可能性があります。

三菱東京UFJ銀行が『MUFGコイン』を、みずほ・ゆうちょ・地銀のグループが『Jコイン』を発行すると言われています。

人員削減やビッグデータ活用のために仮想通貨を利用する銀行は少なくないでしょう。

ただし、現在の仮想通貨が持つ”特定の国や機関に依存しない”という優位性は保たれますし、それほど影響は無いと考える専門家も。

いずれにせよ、銀行の仮想通貨発行に関するニュースはしっかりチェックしておきましょう。

 

仮想通貨の今後について知っておきたいこと②:規制が強化される可能性がある

仮想通貨大国である中国では、仮想通貨の規制が進んでいます。2018年1月には韓国で仮想通貨規制が行われ、取引所の閉鎖が検討されました。

暴落のリスクや経済への影響を懸念しての規制ですが、国単位で仮想通貨を規制する動きも強まっています。

クレジットカードの未払い問題などもあり、仮想通貨が広まることを危惧している有識者は少なくありません。

規制の影響で貨幣の価値は激しく乱高下する恐れがあるので、最新情報から目を離さないようにしましょう。

 

仮想通貨の今後について知っておきたいこと③:AIの予測によれば仮想通貨は右肩上がり

一部の分野では専門家や有識者を上回る信頼度を誇る人工知能(AI)。AIによると、2018年の仮想通貨は上昇傾向にあるとの事。

上昇の幅についてはかなり強気の見通しになっていますし、AIの予測が必ず当たるという保証は全くありません。

とは言え、仮想通貨が今後も伸びる可能性が高いという一つの裏付けになるのでは無いかと思います。

 

仮想通貨の今後について知っておきたいこと④:上場予定のコインは狙い目

これまでの例で考えると、上場した際に一気に価格が高騰する通貨が多いのが仮想通貨の特徴。

どの銘柄が上場するのかという情報を知っていれば、一気に成功することが出来る可能性は高いでしょう。

もちろん上場を謳った詐欺コインもあるので、正しい情報を見極めることは簡単ではありません。色々なコインに資産を分散させて、上場による値上がりを狙うのが良いと思います。

 

仮想通貨の今後について知っておきたいこと⑤:これから始めるなら分散投資がおすすめ

これから仮想通貨投資を始めるという人は、まずは知名度が高いコインに少額ずつ分散投資をしましょう。取引所と通貨を分散させることでリスクヘッジになります。

仮想通貨に対する知識が乏しい初心者が、良く分からないコインに手を出すのは失敗の元。王道と言われるような通貨に少額ずつ投資をするやり方がおすすめです。

知識が増えてきたらマイナーな草コインを購入しても良いとは思いますが、まずはメジャーな通貨で仮想通貨の売買に慣れることから始めましょう。

 

仮想通貨の今後についてまとめ

右肩上がりだという見方が多い仮想通貨の今後。これから市場がどのように進むのかは、正直言えば誰にも分からないところです。

伸びると言われているコインに分散して投資するのが一番無難だと思いますので、この記事で紹介している通貨を一つの参考にして頂ければと思います。

※紹介してる通貨が必ず伸びるという保証は出来ませんので、通貨の購入はくれぐれも自己責任でお願いします。

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像