リスク(LISK)の手数料が安い取引所10社比較と買い方・購入方法

リスク(LISK)の手数料が安い取引所10社比較と買い方・購入方法
仮想通貨女子まるこ
こんにちは!「仮想通貨セブン」編集部のまるこです。

  • リスク(LISK)の取引をしたいけど、オススメの取引所はどこ?
  • リスク(LISK)の取引所はどこが手数料安いの?

リスク(LISK)の取引きを始めるにあたって、上記のような悩みが出てきますよね。いちいち取引所の手数料を調べるのって大変だし…。

そこで!この記事では、リスク(LISK)の取引所10社を徹底比較して、手数料が安くオススメの取引所をランキング形式でご紹介しています!ぜひ参考にしてくださいね。

リスク(LISK)の購入方法・買い方の絶対おさえるべき注意点3つ!

リスク(LISK)の手数料が安い取引所10社比較と買い方・購入方法
  • 買うのは難しくないの?
  • どうすればリスク(LISK)を少しでもお得に購入できるの?
  • リスク(LISK)を買うならどこの取引所が安全なの?

リスク(LISK)を買うにあたって、この様に気になることが色々ありませんか?

初めてリスク(LISK)を購入する際に、特に知りたい点が「簡単さ・お得さ・安全さ」の3つではないでしょうか?

そこで、リスク(LISK)の購入方法・買い方の絶対におさえるべき3つの注意点を紹介します!

この3つの注意点を知ればリスク(LISK)の購入すべき場所や、買うタイミングをバッチリ知ることができます。ぜひ、参考にしてくださいね。

 

リスク(LISK)をお得に買うなら取引所を選ぼう!

一番最初に伝えるべきことは、リスク(LISK)は取引所ならば断然お得に購入することができます。

どういうことかと言うと、リスク(LISK)を購入できる場所は2つあり、それが「取引所」と「販売所」です。

そんな取引所と販売所の違いと、なぜリスク(LISK)の値段が違うのか簡単に説明しましょう。

 

取引所ならば損をせずにリスク(LISK)を買えます!

取引所の購入のメリットは、自分が買いたい”ほぼ”希望の値段でリスク(LISK)を購入できることです。どういう事かと言うと、取引所は言い値注文によるユーザー間同士の取引だからです。

具体例を出して言うと、Aさんがリスク(LISK)を200円で売るとします。そして、Bさんは200円のリスク(LISK)を買いたいと思い、購入のオーダーをする。その場合は、Aさんの200円のリスク(LISK)が売りに出されているので、無事言い値で購入できるということです。

また、それと同時に、Cさんは150円のリスク(LISK)を買いたいとします。ところが、その際に誰もその値段でリスク(LISK)を売りに出していなければ、別の誰かが150円で売るのを待たなければなりません。

このように、取引所は買いたい時に必ずしも即時購入できるわけではありませんが、あなたが希望する値段でリスク(LISK)を購入できるということです。

 

販売所はリスク(LISK)手数料が掛かり割高になってしまう

一方、販売所はユーザ間での取引ではなく、販売所から直接購入する形になります。つまり、販売所が指定した価格で、リスク(LISK)を買う形ですね。販売所での購入は簡単ですし、すぐに購入できるので初心者にはわかりやすいですが、ネックなのがその価格です。

どういう事かと言うと、販売所は手数料を上乗せする形でリスク(LISK)を売るため、取引所のリスク(LISK)の価格よりも割高になってしまうのです。この料金の割高の事を、スプレッドと言います。

スプレッドとは、購入価格と売却価格の差の事です。販売所は購入時に手数料が乗り高い価格になり、売却時も手数料が乗るのでより低い価格になってしまいます。

取引所の場合も、取引手数料が発生してリスク(LISK)購入価格と売却価格の差が生まれますが、販売所と比べたら少額である事が多いです。

したがって、リスク(LISK)購入に不安が大きい人には、簡単に購入できる販売所がオススメですが、少しでもお得に買いたい場合は取引所を選びましょう!

 

リスク(LISK)を売りたい価格をイメージしておこう!

リスク(LISK)は将来的なポテンシャルから、価格が上がりうる要因の大きい仮想通貨の1つと言う事ができます。ですので、リスク(LISK)の長期保有をしておけば後々価格の急上昇の可能性は十分あるでしょう。

具体的には、2018年1月に国内の大手優良仮想通貨販売所の「bitflyer(ビットフライヤー)」で上場を果たしましたし、マイクロソフトとも提携をしていますので、将来的な期待の持てる仮想通貨とも言えるでしょう。

2018年の1月7日には、リスク(LISK)は4087.2円の値段を付けました。2017年の4月29日時点で58.728円でしたが、9ヶ月ほどで約142倍もの値段になったので、その期待感から多くの人がリスク(LISK)を購入をしたと考えられます。

しかし、そんなリスク(LISK)ですが現状は価格が安定しない事も多く、ビットコインの値段が下がるとリスク(LISK)の値段も下がるという事もよくあります。

その際に、初心者の人によりありがちなのが、狼狽売り(ろうばいうり)です。

狼狽売り(ろうばいうり)とは、ちょっとした価格の下落ですぐに売ってしまうことです。

より詳しく言うと、「自分の買った値段よりリスク(LISK)が低くなっちゃった…これ以上下がると恐いしもう売っちゃおうかな…」という具合に、値段変動を受けてすぐに売ってしまうことです。

確かに気持ちはよく分かりますが、その売り方ですと損してしまう事も多々あったりします…。

ですので、事前にリスク(LISK)の価格チャートや、今後のリスク(LISK)を発展を事前にチェックした上で、「リスク(LISK)をどの位の値段で売ろうか」「それとも、リスク(LISK)は長期保有にしようか」とイメージした上で購入する事をオススメします。

闇雲に買うのでは無く、ある程度のプランを持ってリスク(LISK)を購入しましょう。

 

リスク(LISK)購入の取引所・販売所はいくつか登録するのがオススメ!

リスク(LISK)購入にあたって、最後に注意しておきたいことが1つの取引所・販売所のみの利用ではなく、いくつか別の取引所・販売所も使うことです。

どんな取引所・販売所も絶対安全とは言えません。2018年の1月にcoincheck(コインチェック)のハッキング事件であったように、coincheck(コインチェック)の様な大手の取引所や販売所が使えなくなってしまう可能性は十分あります。

「ここのリスク(LISK)の取引所凄く使いやすいし、手数料も安いから全部ここに預けちゃおっと」としてしまう人もいますが、これは非常に危険です。

仮にその取引所が突然閉鎖されて、保証も効かないとなったら資産を一気に失ってしまう可能性もあります。

ですので、リスク(LISK)を購入する取引所は、いくつか登録しておきましょう。

取引所や販売所の開設には身分証の提出などが必要となるため少々面倒かもしれませんが、いくつか登録すればリスク分散にもなりますし、開設自体は無料でできますので、登録しておくのがオススメです。

「どんなリスク(LISK)取引所に登録すれば良いの?」という人は、下記で手数料低めで安心な、リスク(LISK)のオススメ取引所をご紹介しますので、参考にしてみてください!

 

リスク(LISK)を購入できる有名取引所10社を手数料中心に徹底比較!

取引所 購入手数料 出金手数料 信頼度
bitFlyer(ビットフライヤー) 0円 * 0.1LISK ★★★★★
Binance(バイナンス) 0.1% 0.1LISK ★★★★☆
Changelly(チェンジェリー) 0.5% 無料 ★★★★☆
Huobi(フォウビ) 0.2% 0.1LISK ★★★★☆
BITTREX(ビットレックス) 0.25% 0.1LISK ★★★☆☆
Poloniex(ポロニエックス) メイカー0.15%
テイカー0.25%
0.1LISK ★★★☆☆
HitBTC(ヒットビット) メイカー0.1%
テイカー0.01% 分の返金あり
0.1LISK ★★★☆☆
Yobit(ヨビット) 0.2% 0.1LISK ★★★☆☆
Bit-Z(ビットージィ) 0.1% 0.1LISK ★★★☆☆
Upbit(アップビット) 0.2% 0.1LISK ★★☆☆☆

*販売所のためスプレッド手数料が数百円~数千円の手数料がかかります。

 

リスク(LISK)購入でおすすめの取引所ランキングBEST5!

リスク(LISK)を購入するにあたって、安心面・料金面等で総合的におすすめの取引所ベスト5を紹介します。リスク(LISK)を安全・お得に買いたい人、必見です!

 

1位: bitflyer(ビットフライヤー)

取引所名 bitflyer(ビットフライヤー)
購入手数料 0円
送金手数料 0.1LISK
安心・安全度 ★★★★★
使いやすさ ★★★★★

もっともおすすめのリスク(LISK)の取引所が、bitflyer(ビットフライヤー)です。bitflyer(ビットフライヤー)は販売所なので、リスク(LISK)を購入するにあたってスプレッドが発生し、結果リスク(LISK)の購入価格は高くなってしまいます。

しかし、bitflyer(ビットフライヤー)は日本の取引所で安全してリスク(LISK)を購入できる貴重な取引所であり、日本語のサポートがあるメリットも大きいです。

また、セキュリティ面も抜群で、購入したリスク(LISK)はオフラインのコールドウォレットで保管されているので安心です。

ビットフライヤー口座開設の流れ【所要日数・キャンペーン情報など】

2018.01.29

 

2位: Binance(バイナンス)

取引所名 Binance(バイナンス)
購入手数料 0.1%
送金手数料 0.1LISK
安心・安全度 ★★★★☆
使いやすさ ★★★★☆

リスク(LISK)購入の取引所として、Binance(バイナンス)もおすすめの取引所の一つです。Binance(バイナンス)は中国の取引所であり、2018年5月現在世界で取引量がもっとも多いリスク(LISK)の取引所です。

Binance(バイナンス)は登録も簡単にできて、リスク(LISK)をお得な価格で購入することができます。

ただし、Binance(バイナンス)は世界NO1の取引所であるものの、リスク(LISK)保管に関しての安全性に不明瞭な部分もあります。ですので、万が一のことを考えてBinance(バイナンス)を利用する場合は購入したリスク(LISK)をハードウォレットなどに移しておくことをおすすめします。

受付再開!Binance(バイナンス)口座開設・登録方法を解説

2018.01.22

 

3位: Changelly(チェンジェリー)

取引所名 Changelly(チェンジェリー)
購入手数料) 0.5%
送金手数料 無料
安心・安全度 ★★★★☆
使いやすさ ★★★★☆

リスク(LISK)を購入するのに、2番目におすすめの取引所がChangelly(チェンジリー)です。Changelly(チェンジリー)は2013年にチェコで作られた、仮想通貨のサイトです。

Changelly(チェンジリー)は厳密に言えば取引所ではなく、交換所と言った方が正しいでしょう。と言うのも、Changelly(チェンジリー)は世界の市場からもっともリスク(LISK)購入の良いレートを探して来てくれるからです。

そのため、Changelly(チェンジリー)なら販売所の様にスプレッドがかからずに、安い価格でリスク(LISK)を購入することができます。また、日本語対応していて、サポートが使いやすいのもおすすめできる点です。

 

4位: Huobi(フォウビ)

取引所名 Huobi(フォウビ)
購入手数料 0.2%
送金手数料 〜1%
安心・安全度 ★★★★☆
使いやすさ ★★★★☆

Huobi(フォウビ)は世界で3番目の取引量を誇る、巨大なリスク(LISK)の取引所です。リスク(LISK)を海外の取引所で購入するにあたって一番気になるのが安全面ですが、Huobi(フォウビ)は二段階認証や本人確認の徹底をするなど、海外取引所の中では高いセキュリティを誇ります。

また、Huobi(フォウビ)は日本語での取引もできて、初心者の人でも見やすい画面もオススメポイントの1つです。

 

5位: BITTREX(ビットレックス)

取引所名 BITTREX(ビットレックス)
購入手数料 0.25%
送金手数料 0.1LISK
安心・安全度 ★★★☆☆
使いやすさ ★★★☆☆

BITTREX(ビットレックス)は仮想通貨の取扱量が非常に多い、世界でも最大規模のリスク(LISK)取引所です。その規模感から世界でも利用者の多く、リスク(LISK)をお得に購入するのにおすすめの取引所です。

これまでBITTREX(ビットレックス)には「気づいたらリスク(LISK)が無くなってた…」などの大きなハッキングの被害は無く、セキュリティ面はしっかりしているでしょう。

ただし、絶対安心とは言えないので、万が一に備えてハードウォレットに購入したリスク(LISK)を移しておきましょう。

 

リスク(LISK)を早く&お得に購入するならbitflyerとBinanceの同時申し込み!

リスク(LISK)の手数料が安い取引所10社比較と買い方・購入方法
ここまでリスク(LISK)を購入するのに、おすすめの取引所を紹介して来ました。

ここまで読んでいただいて、「リスク(LISK)を今すぐにでもお得に買いたい!」と思った人もいるでしょう。

そんな人には、bitflyer(ビットフライヤー)とBinance(バイナンス)に同時に申し込むことをおすすめします。どちらも有名なリスク(LISK)取引所で、登録作業も日本語でお手軽にすることができます。

また、購入したリスク(LISK)はbitflyer(ビットフライヤー)にそのまま置いておくか、さらに安全な方法で管理したい人はハードウォレットに預けるなどして、リスク(LISK)を安全に保持しましょう!

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像