仮想通貨モナコインの今後をズバリ予想!特徴や高騰の理由も解説

モナコイン

 

KENJI
こんにちは!仮想通貨セブン編集部のKENJIです。

コインチェック事件以降、テレビで見ない日がない「仮想通貨」の報道。

「仮想通貨は終わった。」

「仮想通貨は怖い。」

「仮想通貨なんてうまくいくはずがない。」

様々な風評に晒される仮想通貨業界で、今脚光を浴び始めているのがモナコイン(MONACOIN)。果たしてモナコインとはどんな仮想通貨で、今後はどのような将来性があるのでしょうか?

 

仮想通貨モナコイン(monacoin)の特徴は?

通貨名 モナコイン(Monacoin)
通貨単位 MONA
公開日 2014年1月1日
発行上限数 100,000,512MONA
公式サイト https://monacoin.org/

まず、何より大事なのはこれですよね。

「モナコインとはいったい何なのか?」

私も最初は、あまりにも聞き慣れない言葉だったため、何度か、「モバコイン」と誤入力してしまったものでした(笑)

まずモナコインの特徴を語る上で欠かすことができないのが、「純国産の仮想通貨」ということです。

 

モナコインは日本初2ちゃんねる生まれの仮想通貨

モナコインは2ちゃんねる(現5ちゃんねる)のソフトウエア板にいた、わたなべ氏が開発した通貨です。日本国内で生まれた最初の暗号通貨ということで、世間に大きな衝撃を与えました。

イメージキャラクターは、インターネット掲示板「2ちゃんねる」でお馴染みの「モナー」。

そう、モナコインとは、2ちゃんねるのキャラクターの「モナー」が由来となって作られた仮想通貨なんです。名前には遊び心というか、ユーモアがありますがその技術は折り紙付き。

ビットコイン以外の仮想通貨のことを「アルトコイン」というのですが、同じくアルトコインとして先陣を 切っていた「ライトコイン」と同じプログラムをベースにして作られたのがモナコインです。

また、モナコインは、世界で初めてSegWit(セグウィット)という送金処理システムを採用した仮想通貨です。これによって、モナーコイン(monacoin)は、ビットコインの6倍の処理スピードを実現したんです。

つまり、モナコインはユーモラスなネーミングでありながら、高い技術が集約して作られた国産の仮想通貨です。

 

仮想通貨モナコインを愛する人達の活発なコミュニティ

モナコインは初の国産仮想通貨ということもあり、非常にコミュニティが活発です。

具体的には、2017年10月25日から31日の間、秋葉原にあるラジオ会館とUDXの巨大ディスプレイをジャックしてモナコインのCMが放映されました。

その間の「モナコイン」のtwitterを見ていただければわかるのですが、その広告プロモーションは大反響を呼びました。これが、日本国産の仮想通貨であるモナコインのコミュニティ力が成せる業です。

他にも、AskMonaという掲示板コミュニティにおいて活発にモナコインがやり取りされています。そうした、日本ならではの良さを最大限引き継いで人気が後押しされたコイン。それがモナコインです。

 

仮想通貨モナコインは使える店やサービスが多い

Monappy デジタルコンテンツのマーケットサイト
tipmona twitterでモナコインを送金できるサービス
Ask Mona 掲示板でモナコインを送れるサービス
Monage ブログでモナコインを投げ銭できるプラグイン
Bitcoinmall 仮想通貨専用のショッピングサイト
Ark 秋葉原のパソコンショップ
プリモプリマ 秋葉原のメイドカフェ

そして、モナコインの特徴を語る上で外せないのが「使える店やサービスが多い仮想通貨であること」です。

日本では世界最大手のビットコインに次いで2番めに使える店が多い仮想通貨と言われています。

特徴的なのは、モナコインがネットでの利用・実店舗での利用どちらにも長けているという点です。

amazonや楽天のように、ネット通販でオンラインショッピングできるBitcoinmallがあれば、tipmonaやAskmona、Monageのように気軽にモナコインで楽しめるサービスもある。

かと思えば、秋葉原のパソコンショップark(アーク)で使えたり、同じく秋葉原のメイド喫茶プリモプリマでモナコインが使えたりする。

幅広い用途を持つモナコイン(Monacoin)は、今後も利用できるサービスの拡大が見込まれています。当然、国内でモナコインを利用できる幅が広がれば、モナコイン利用者も増えて価格が上がる。

そんな好循環の可能性を秘めているのは、日本製のモナコインならではの特長であると言えます。

 

仮想通貨モナコインが高騰した理由をチャートとともに考察

モナコイン10月の高騰

そんな純国産の仮想通貨モナコインですが、実は2017年の中旬頃に価格が15倍も高騰しました。上のチャートをご覧いただければわかるように、ちょうど2017年10月にググッと価格が上がっています。

2017年1月時点では、1MONA=3円で取引されていましたが、2017年10月には1MONA=728円に上がりました。倍率にすると、240倍も高騰したことになります。

ものすごい上がり方ですね・・・。

その後、段々と価格が下がって、現時点では落ち着いていますが、少なくとも2017年10月はまさに、「モナコインが大フィーバーしていた」といえる時期です。

モナコイン急高騰の理由は様々な憶測が飛び交っていますが、一番有力とされているのが、『国内大手仮想通貨取引所bitFlyer(ビットフライヤー)に上場したこと』です。

2017年10月2日にモナコインはbitFlyer(ビットフライヤー)での取り扱いが開始しました。

おそらくこれがきっかけで、日本国内にとどまらず海外での認知度が向上したのではないかと考えられています。

ということは、モナコインがより大手の仮想通貨取引所に上場すれば、更に価格が上がる可能性が高いということになります。

そして、後述しますがモナコインは今後も他の仮想通貨取引所で取り扱われる可能性は十分にあるんです。

 

モナコインの今後について。価格が再び高騰すると思う理由

モナコインの今後のイメージ画像

さて、ここからが本題。モナコインは今後どうなっていくのでしょうか?ということについて書いていきます。

ここまで書いてきたように、モナコインは純国産の仮想通貨として様々なメディアから注目されています。でもそれだけだと、今後の高騰の理由にはなりませんよね。

モナコインは今後、どのような成長を遂げていくと予想できるのでしょうか?詳しく解説していきます。

 

モナコインの価格が今後上がる可能性は?

モナコインの価格が将来、上がっていく可能性はあるのでしょうか?

先程の価格推移チャートでわかるように、去年の10月に大きく価格を高騰させたものの、そこからは乱高下が続くモナコイン。

高いコミュニティ力があるだけに、日本での人気や認知度が上がっているのは確か。

その上、技術もビットコインや他の人気仮想通貨に引けをとらないだけの実力は十分兼ね備えています。

でも、もちろんそれだけじゃあ、モナコインの価格が上がることはありません。twitterでは、こんな声が上がっています。

 

 

モナコインの展望を考えたとき、様々な可能性が垣間見えます。少なくとも、モナコインが急騰した去年の10月。

その時のことを考えると、今後、モナコインの価格が上がるためには、どうしても割けては通れない条件があります。

 

モナコインの今後は「上場」がカギ

現在、国内でモナコインを扱う仮想通貨取引所は以下の3つ。

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Zaif(ザイフ)
  • bitbank(ビットバンク)

 

中でも、やはり重要なのがbitFlyer(ビットフライヤー)での上場ですね。前述したようにbitFlyer(ビットフライヤー)に上場してからモナコインの価格が15倍も上昇しました。

私が、「モナコインは今後、価格が上がる!」と思う理由はまさにここにあります。

単純に、去年の10月にモナコインの価格が高騰した理由がbitFlyer(ビットフライヤー)への新規上場による影響なのであれば、今後もモナコインを扱う取引所が増えれば価格が上る可能性が高いといえます。

中でも、着目すべきはBINANCE(バイナンス)という中国の仮想通貨取引所です。

BINANCE(バイナンス)は今、世界的にもかなり勢いのある取引所で、もうすぐ日本に上陸する予定もあります。

なんでも、OKCoinという仮想通貨取引所の創業者であるチャオ氏が開設したそうです。

モナコインの掲示板であるAskMonaではモナコインを、このBinance(バイナンス)で上場させようとする動きが高まっています。

モナコインが、このBINANCE(バイナンス)で上場すれば世界的認知度を集めることは必至です。

また、モナコインを扱うbitFlyer(ビットフライヤー)が米国に進出する予定もあります。

米国でbitFlyer(ビットフライヤー)が開設されれば、モナコインがUSDペア(ドルをモナコインで買うこと)ができるようになるかもしれないんです!

そうしたら、モナコインの人気が一気に高まることが予想されます。私が「モナコインの価格が再び高騰すると思う」理由はこのようなところにあるんです。

そのように、モナコインの未来を想像するとなんだか、ワクワクしてきますね!

 

モナコインを購入できる取引所は?

モナコインのイメージ画像

さて、そんなモナコインですが、どこで購入するのが一番いいんでしょうか?

そもそも、仮想通貨は

  • 「販売所」
  • 「取引所」

このどちらかの方法で購入することになります。販売所は、コインを発行する会社から直接購入する方法。

手軽に行える分、価格も据え置きとなります。

一方、取引所で仮想通貨を購入する場合、売買は、「売値」と「買値」一致したときに発生します。

つまり、あなたがモナコインを100円で買おうとしたら、100円でモナコインを売ってくれる人が現れた時点で売買成立ということになります。

そうした面でも仮想通貨は、「取引所」で購入したほうがメリットがあります。

また、取引所で仮想通貨を購入したほうが、「手数料が安い」というメリットもあります。なので、今回。モナコインに関しても、一番お得に購入できる、「取引所」に焦点を絞って説明していきます。

 

モナコインを購入できる取引所

先程も書きましたが、モナコインを扱う取引所は現時点では3つです。

  • Zaif(ザイフ)
  • bitbank(ビットバンク)

 

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所では、モナコインは扱っていません。(厳密にはbitFlyer(ビットフライヤー)の取引所で扱われるコインはビットコインのみ)

なので、モナコインを安く手に入れようとしたら、Zaif(ザイフ)かbitbank(ビットバンク)になるのですが・・・

 

モナコインを購入するならが積立ができるZaif(ザイフ)が圧倒的にお得

仮想通貨は、見返りが大きくなる可能性がある分、散財しすぎて取り返しのつかない出費に至る危険性を秘めています。

本来、自制してコツコツ仮想通貨を購入できればいいのですが、儲けが出ると歯止めが効かなくなってしまうのが人間なんですよね・・・。

そんな、自制心の弱い方(私もそうw)におすすめなのが、Zaif(ザイフ)の積立です。

毎月最低1,000円ずつ積み立てて仮想通貨を買うことができるんです。

つまり、自分自身は何もしなくても(最初の積立の手続きはする)、自動的にモナコインが溜まっていき、価格が高騰したときに手放したり、実際に使用することができる。

いわゆる、仮想通貨の貯金ができるのがZaif(ザイフ)の魅力です。だからこそ、モナコインを買うならZaif(ザイフ)が圧倒的にお得です。

 

モナコインの買い方

Zaifのイメージ画像

さて。これで、「モナコインを買うならZaif(ザイフ)がお得」ということまではわかりました。

では、実際モナコインをZaif(ザイフ)で買うにはどのような手続きをすればいいのでしょうか?

手続自体は簡単ですけど注意しないといけないこともあるので、順を追って、モナコインのZaif(ザイフ)での買い方を解説します。

 

モナコインをZaif(ザイフ)で買う方法

まず、Zaif(ザイフ)でモナコインを買う上で注意しないとならない点があります。

それは・・・先に登録だけ済まさないとモナコインを買えるようになるまでタイムラグが生じるということです。まず、Zaif(ザイフ)でモナコインを買えるようになるまでの流れをザックリ説明すると、

  1. Zaif(ザイフ)で口座を開設する
  2. 現金を口座に入金する
  3. Zaif(ザイフ)の取引所でモナコインを購入する

この流れになります。

注意しないとならないのは、Zaif(ザイフ)で口座を開設してから、現金を入金できるようになるまで最大で30日近くかかるということです。

これは、口座開設の登録が完了しても、Zaif(ザイフ)から郵送されてくる本人確認書類を受け取るまでは口座にお金を入金できない仕組みになっているからなんです。私自身、それで完全に失敗しました。

悩みに悩んで、Zaif(ザイフ)でモナコインを購入しようとやっと決意して、いざ開設の手続きをしたら、実際にモナコインを買えるようになるのは1ヶ月ほど先になるというのがわかってショックを受けました・・・(泣)

なので、もし、あなたが本当にZaif(ザイフ)でモナコインを買おうかどうか悩んでいるなら、まず最低でも口座開設の登録だけをネット上で済ませておくことをおすすめします。

Zaif(ザイフ)から届く本人確認の書類を受け取れば、無事口座開設手続きが完了。そこから、Zaif(ザイフ)でモナコインを買えるようになります。

 

Zaif(ザイフ)は口座開設に時間がかかる?実際に登録してみた

2018.01.16

 

仮想通貨モナコインの今後の予想まとめ

OKサインをする女性

モナコインの今後について、書いてきました。

今回の記事をまとめると、

 

  • モナコインは今後も価格が上がる可能性がある!
  • モナコインの今後のカギは取引所の増加!
  • BINANCE(バイナンス)でモナコインが取り扱われる可能性あり!
  • bitFlyer(ビットフライヤー)が米国で開設されればモナコインがUSDペアできる可能性も!
  • モナコインはコミュニティ力・技術力の高さから使える店舗、認知度がますます増えていく!

 

このようになります。

2017年の10月にモナコインの価格が急騰して「ボロ儲け」した人がいたように、今、あなたがモナコインを買っておけば将来大化けしてあなたに巨額の富を与えてくれる可能性を秘めているんです。

そのように今後のことを考えてみると、モナコインの未来は「まばゆいコインの輝き」のように明るく見えてきますね!

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像