モネロ(XMR)のおすすめウォレットはハードウェアウォレット!

モネロ(XMR)を本格的に取引するなら、ウォレットをどうするか考えておきましょう。

とくにモネロ(XMR)の取引金額が大きくなってきたら、できるだけ早いタイミングで、取引所保管からウォレット保管に切り替えることを検討すると良いです。

全ての仮想通貨でハードウェアウォレットが使えるわけではありませんが、セキュリティ面を考れば、できるだけハードウェアウォレットが望ましいです。

モネロ(XMR)のおすすめウォレットは何か?解説します。

 

モネロ(XMR)に対応しているウォレットの種類

ウォレット(Wallet)とは、英語で財布の意味で、文字通り仮想通貨を保管する「お財布」のことです。

モネロ(XMR)に限りませんが、仮想通貨は取引状態に無い限りは、何らかのかたちでウォレットに保持・保管されています。

モネロ(XMR)に対応したウォレットの種類と特徴を解説します。

 

モネロ(XMR)に対応したオンラインウォレット

オンラインウォレットとは、モネロ(XMR)を取引した仮想通貨の取引所にそのまま置いておくことを意味しています。

取引所でモネロ(XMR)を取引すると、オンラインウォレットのアドレスが発行され、送金時などに用いらることになります。

オンラインウォレットの状態は、管理上の手間としては最も手軽に済むメリットはありますが、ハッキングなどのセキュリティリスクは最も高いことに注意して下さい。

また、万一、取引所がサーバー攻撃などを受けて取引が停止されるような場合、取引所のオンラインウォレットに預けている仮想通貨は引き出せなくなる可能性があります。

 

モネロ(XMR)に対応したソフトウェアウォレット

ソフトウェアウォレットとは、ウォレット機能専門のソフトウェアやアプリのことを意味します。

一般的に新しく仮想通貨が開発される時には、ウォレットソフトも同時に開発される場合が多いです。公式ウォレットには、開発チームが公式に技術的なフォローを行う安心感があります。

モネロ(XMR)も開発チームによる公式ウォレットが公開されていて、多くの人が利用しています。

ただしソフトウェアウォレットの場合、インターネットに接続された状態、いわゆる「ホットウォレット」状態であることに変わりはありません。

悪意を持つ第三者の攻撃の可能性は常にあり、少額のうちはソフトウェアウォレットを利用するとしても、ホットウォレットとしての危険性は残ることは覚えておきましょう。

 

モネロ(XMR)に対応したハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットとは、コールドウォレットとも呼ばれ、インターネット接続を遮断することができる物理的な機械(ハードウェア)のことを意味します。

ハードウェアウォレットは、形状としてはUSBメモリーに似ていて、パソコンやスマホに接続して使用します。

ハードウェアウォレットを使用する際は、パソコンやスマホとケーブルで接続する必要があり、電源の確保や接続設定など、手間としては最も面倒なウォレットです。

ただし、物理的にインターネット接続を遮断して保管可能なため、セキュリティ面の安全は最も高いものです。

モネロ(XMR)に対応したハードウェアウォレットも登場していますので、保有するモネロ(XMR)の金額が大きくなってきたら、ハードウェアウォレットを使用することをおすすめします。

 

モネロ(XMR)に対応したウォレットの選び方

 

モネロ(XMR)に対応したウォレットを選ぶ際のポイントについて解説します。

仮想通貨のウォレットは、基本的に、利便性とセキュリティ強度がトレードオフの関係になっています。簡単に使えるウォレットほどセキュリティレベルが低いということです。

自分の取引金額に応じて、必要なセキュリティレベルを考慮し、ウォレットを決めて行く必要があります。

 

ウォレットの信頼性は再重要事項

モネロ(XMR)に限りませんが、仮想通貨を保管する場合、最も重要となってくるのは信頼性です。

仮想通貨は実体が無い単なるデータですので、ハッキングなどの行為で価値がゼロになってしまう危険性があるためです。

モネロ(XMR)の取引を始めた当初は、オンラインウォレットを利用することになると思いますが、その場合も信頼できる取引所を選ぶようにしましょう。

モネロ(XMR)を取引するのにおすすめの取引所については、次の記事を参考にしてください。

 

モネロ(XMR)の手数料の安いおすすめ取引所比較と買い方・購入方法

2018.03.28

 

ソフトウェアウォレットを選ぶなら公式ウォレットがおすすめ

モネロ(XMR)の取引額が増えてきて、オンラインウォレットからソフトウェアウォレットに移行しようと考えているなら、モネロ(XMR)の公式ウォレットがおすすめです。

モネロ(XMR)のソフトウェアウォレットには、合計3種類ありますが、信頼性の高さという意味でモネロ(XMR)の公式ウォレットを超えるものは無いと言って良いでしょう。

モネロ(XMR)の公式ウォレットは、モネロ(XMR)の公式サイトからダウンロードでき、Mac、Linux、Windowsなど多くのデバイスに対応しています。

 

ハードウェアウォレットを購入するなら公式サイトから

モネロ(XMR)の補完にハードウェアウォレットを利用するには、モネロ(XMR)に対応したハードウェアウォレットを購入する必要があります。

ハードウェアウォレットは独立した機械なので、取引量の多い主要なアルトコインから順に対応している傾向があります。

モネロ(XMR)のハードウェアウォレットが待たれていましたが、最近ついに定評のあるハードウェアウォレット「Ledger Nano S」がモネロ(XMR)に対応しました。

ハードウェアウォレットを購入する際には、製品の公式サイトや、正規代理店の公式サイトから購入するようにしましょう。

安価だからと言って素性の知れないネットショップなどから購入すると、悪意のあるプログラムが混入されている可能性もあり得ます。

 

モネロ(XMR)に対応したウォレットを比較

製品名 種類 信頼度 セキュリティ強度
Ledger nano S ハードウェア ★★★★★ ★★★★★
Monero公式ウォレット ソフトウェア ★★★★☆ ★★★★☆
My Monero ソフトウェア ★★★☆☆ ★★★☆☆
Monero Wallet by Freewallet ソフトウェア ★★★☆☆ ★★★☆☆

 

ウォレットの比較軸
モネロ(XMR)に対応したウォレットを比較しました。セキュリティ強度を最重要事項として判断し、ソフトウェアウォレットについてはモネロ(XMR)開発チームから公式にサポートされているかどうかを重視しています。

 

モネロ(XMR)に対応したおすすめウォレットランキング3つ

 

モネロ(XMR)に対応したおすすめのウォレット3種をご紹介します。

セキュリティ強度を最重要事項として判断しているため、ハードウェアウォレットを最高評価としています。

ソフトウェアウォレットについてはモネロ(XMR)開発チームから公式にサポートされているかどうかを重視しました。

 

1位:Ledger Nano S(レジャーナノエス)

 

モネロ(XMR)に対応したハードウェアウォレットは、現時点で「Ledger Nano S」のみです。

「Ledger Nano S」は、フランスのLedger社が製造開発しているハードウェアウォレットで、現在ある仮想通貨のハードウェアウォレットの中で最も知名度が高く、安全性も高いものです。

株式会社EARTH SHIPが運営する「hardwarewallet-japan」が日本国内の正規代理店となっており、正規代理店の公式サイトから購入することができます。

 

 

2位:Monero公式ウォレット

ソフトウェアウォレットとしては、モネロ(XMR)の公式ウォレットがおすすめです。

モネロ(XMR)の公式サイト(getmonero.org)からダウンロードできるもので、WindowsやMacなど多くのデバイスに対応しています。

ブロックチェーンのダウンロードが行われるため設定には少し時間がかかりますが、無料で使用でき、マイニング報酬の受取先としての相性も優れています。

 

 

3位:My Monero

My Monero もまた、モネロ(XMR)用の優れたソフトウェアウォレットです。

モネロ(XMR)の公式ウォレットというわけではありませんが、モネロ(XMR)の開発チームからサポートを受けています。

比較的に少額のライトユースに向いていて、動作も軽く使いやすいことが特徴です。高額のモネロ(XMR)を取り扱うようになったら、「Ledger Nano S」やモネロ(XMR)の公式ウォレットを検討すると良いでしょう。

 

 

モネロ(XMR)に対応した「Ledger Nano S」の使い方

ここでは「Ledger Nano S」の使い方を簡単に解説します。

まずこちらが「Ledger Nano S」パッケージに梱包されているものの一覧です。

 

USBメモリと同じように、付属のUSBケーブルを使用して「Ledger Nano S」とパソコンを接続します。

パソコンと接続したら、4桁のピンコードを設定して行きます。

 

次に対象の仮想通貨を選択します。画像はビットコインを選択している例です。

 

パソコン側のアプリとして、「Ledger Wallet Bitcoin」のインストールも必要になります。

Google Chrome 用のブラウザアプリとなりますので、Google Chrome をパソコンにインストールしていない人はそちらも導入しましょう。

 

「Ledger Wallet Bitcoin」の動作画面です。(画面はビットコインの例です)

保管している仮想通貨の金額が確認でき、送金履歴も確認することができます。

 

こちらは送金を実施している際の画像です。

金額と送金先のアドレスを指定するなど、基本的な流れは仮想通貨の取引所の送金と同じです。

 

「Ledger Nano S」の側にもアドレスが表示されますので、パソコン画面と同じアドレスかどうか、必ず確認するようにしましょう。

仮想通貨取引所の取引に慣れていれば、操作そのものは非常に直観的に行うことができます。

 

(参考)画像出典:「Ledger Nano S」サポートサイト

 

まとめ

  • 仮想通貨のウォレットを選ぶ際は、セキュリティ強度を第一に考えて選ぶようにしましょう。
  • ハードウェアウォレットが使用できる場合は、それがセキュリティ的には最善の選択肢です。
  • モネロ(XMR)のウォレットとしてもやはり、ハードウェアウォレットをおすすめします。
  • モネロ(XMR)に対応したハードウェアウォレットは「Ledger Nano S」のみです。
  • ソフトウェアウォレットならモネロ(XMR)の公式ウォレットがおすすめです。

 

モネロ(XMR)の取引を安心・安全に行うためには、セキュリティ強度の高いウォレットが望ましいです。

特にモネロ(XMR)の取引額が大きくなってきたら、できるだけ早い段階でハードウェアウォレットの導入を考えることをおすすめします。

自分の資産を安全に守るためにも、ハードウェアウォレットの導入は積極的に検討しましょう。

ハードウェアウォレット自体の保管場所の確保や、使用する際にデバイスと接続する手間はありますが、仮想通貨取引所の操作に慣れているなら決して難しくはありません。

モネロ(XMR)に対応したハードウェアウォレットは、2018年4月時点では「Ledger Nano S」のみです。

モネロ(XMR)を積極的に取引するなら、「Ledger Nano S」を購入することをおすすめします。

 

 

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像