ビットコインキャッシュ(BCH)とは?初心者にも分かりやすく解説

hiroshi
こんにちは、「仮想通貨セブン」編集部のhiroshiです。

このページでは、ビットコインキャシュ(BCH)とはどのような通貨なのか、ビットコインとは違うのか、なぜビットコインキャシュが誕生したのかなど、詳しく解説しています。

ビットコインキャシュを一番安く購入する方法も記載していますので、参考にしてみて下さいね。

ビットコインキャッシュ(BCH)とは

通貨名 ビットコインキャシュ(BCH)
通貨単位 BCH
公開日 2017年8月1日
発行上限枚数 21,000,000枚
公式サイト https://www.bitcoincash.org/

ビットコインキャッシュは、ビットコインからハードフォークによって分裂して出来た仮想通貨です。

総発行枚数はビットコインと同じく2,100万枚で、viaBTCというマイニングプールが主導で作られました。

ここでは、ビットコインキャッシュがなぜ誕生したのか、ビットコインキャッシュとはどのようなものなのかを詳しく解説していきます。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)が誕生した経緯

ビットコインキャッシュ(BCH)はなぜ誕生したのかという経緯について説明します。

ビットコイン(BTC)は、仮想通貨の市場が拡大していくにつれて、送金手数料が高額になっていったり、送金づまりで取引が完了しないなど、問題を抱えるようになってきました。

これを受けて、マイニング事業を行う「viaBTC」という組織が「新しいビットコインを生み出そう」と動き始めました。

ビットコイン(BTC)のブロックチェーンから新しいチェーンを分岐させることで、新しいビットコインを誕生させようとして生まれたのがビットコインキャッシュ(BCH)です。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークとは?

ハードフォークとは、既にある通貨から、別の仕様を適用した通貨として分裂することです。

ビットコインキャッシュ(BCH)の場合、もともとビットコイン(BTC)で適用していたルールを適用せず、新たなルールを用いて運用するため、ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)は全く別の通貨となります。

ハードフォークによって生まれたビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコイン(BTC)との互換性もありません。

反対のソフトフォークという場合は、ビットコインのままアップデートされますが、ハードフォークの場合は通貨が2つに分裂します。

 

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の違いについて

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)は、名前こそ似ていますが全く別の通貨です。

大きな違いとしては、ビットコイン(BTC)の最大ブロックサイズが1MBなのに対し、ビットコインキャッシュ(BCH)は8MBです。

また、ビットコイン(BTC)はSegwitというシステムを導入することで取引量が多くなっても対応できるようにしていますが、ビットコインキャッシュ(BCH)にはSegwitは実装されていません。

これは、BCHの取引量がまだそこまで多くないことにも起因しています。

 

ビットコインキャッシュに使われているアルゴリズムについて

アルゴリズムはPoW(Proof of Work)と呼ばれるもので、仮想通貨の中でも最も多く使用されているアルゴリズムです。

PoWとは簡単に言うと、マイニングに関して、1番早く計算をした人が報酬を貰えるというシステムです。

この方式は、広大な土地や安い電気を使える中国など、一部の地域や企業にマイニングが独占されてしまう懸念もあり、新しく生まれる通貨ではPoW以外のアルゴリズムを用いる通貨もあります。

参考:https://www.bitcoincash.org/

 

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入するには?おすすめの取引所を解説

名前 おすすめ度 手数料の安さ 特徴
Zaif(ザイフ) ★★★★★ ★★★★★ 板形式で手数料が最安
bitbank(ビットバンク) ★★★★★ ★★★★☆ 期間限定で手数料無料
bitFlyer(ビットフライヤー) ★★★★☆ ★★★☆☆ レバレッジ取引が可能
GMOコイン ★★★☆☆ ★★★☆☆ システム安定度が高い
Coincheck(コインチェック) ★★☆☆☆ ★★★☆☆ 有名な販売所

ビットコインキャシュは、日本国内の取引所で取扱があります。

手数料が一番安いのはZaifです。

Zaifは、通貨を実際に買いたい人と売りたい人が取引する「取引所」形式ですが、他はビットコインキャシュを販売している「販売所」という形式になるため、手数料が高くなります。

そのため、ビットコインキャシュを購入するのであれば最も手数料が安いZaifがおすすめです。

 

【チャート】ビットコインキャッシュ(BCH)相場は?価格レートの推移を掲載

2018年3月23日現在のビットコインキャッシュのチャートです。

2017年12月20日に最高値の42万円を記録しましたが、その後はゆるやかに下落し、現在では11万円前後で落ち着いています。

ここでは、ビットコインキャッシュのチャートについて解説します。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)チャート解説①:CoinbaseとGDAXで取扱が開始

図の①の部分でビットコインキャッシュは最大値を記録しています。

この時の原因としては、米国最大の取引所「Coinbase」と「GDAX」でビットコインキャッシュの取扱が開始されるとアナウンスがあったことが挙げられます。

元々は2018年の1月1日から開始とされていましたが、突如予定が早まったため価格が高騰しました。

 

ビットコインキャッシュ(BCH)チャート解説②

図の②の2018年1月16日頃、ビットコインキャッシュの価格が下落しています。

ここでの下落は、中国で仮想通貨取引の規制が強化されるとニュースが流れたためでした。

BCHだけではなく、他の通貨もこの日に大きく値下がりしたものがあります。

 

【将来性あり?】ビットコインキャッシュ(BCH)は今後上がるのか検証【2018年予想】

ビットコインキャッシュは今後高騰していくのかという点ですが、好材料は多くあります。

ここでは、ビットコインキャッシュの高騰の可能性として、どのような理由があるかを検証します。

 

総発行枚数が少ない=貴重

ビットコインキャッシュの総発行枚数は2,100万枚です。これはビットコインと同じ枚数ではありますが、他の仮想通貨と比べるとかなり少なめです。

参考までに、NEMは9億枚、リップルは1,000億枚、モナコインは1億512万枚です。

枚数が少ないということは、1枚あたりの価格が高くなりやすいということでもあり、現在1枚あたり11万円前後なので今後さらにレートが上がっていく可能性はあります

 

支払いに使えるため需要が高まる

既に中国ではビットコインキャシュで支払い可能な店舗が出てきています。

送金手数料や送金スピードは現在ビットコインよりも速いため、今後実際の買い物にさらに使われる可能性は出てきます。

ただ、送金スピードなどが速いのはビットコインよりも取引量が少ないという理由もあり、今後ビットコインキャシュがどのように進化していくのかは通貨の未来を左右するカギにもなります。

 

ビットコインキャッシュが正式なビットコインになる?

ビットコインクラシックの開発者グループは、2018年6月までにビットコインキャシュが正式なビットコインになると発言しています。

現在のビットコインは、ブロックチェーンのブロックサイズが1MBに固定されていますが、これによりブロックサイズが8MBのビットコインキャシュの方が優位性があります。

また、ビットコインキャシュに関して、Bitcoin.comの運営者のロジャー・バー氏や、SBIホールディングス社長の北尾吉孝氏も支持を表明しているため、今後正式なビットコインとして認知度が高まれば価格が大きく上昇する可能性はあります。

 

ビットコインキャッシュプラスやビットコインキャシュクラシックとは?

ビットコインキャシュに名前が似た通貨がいくつかあり、混乱の原因となっています。これらは実際にはまだ稼働していない通貨です。

ここでは注意喚起を兼ねて、ビットコインキャシュと似た通貨について説明しておきます。

 

ビットコインキャシュプラス(BCP)について

ビットコインキャシュプラスは、ビットコインキャシュとは別の通貨です。

「ビットコインキャシュプラス」という名前でありながら、こちらはビットコインキャシュからのフォークではなくビットコインからのフォークです。

ビットコインに比べてハッカーの侵入をブロックしたり、平等なマイニングの実現を目指したりしています。

ですが、これらの特徴はビットコインキャシュとほぼ同じであり、開発者が儲けたいがために作ったのではないか?と噂されるなど、あまり良い評判ではありません。

2018年の1月2日に誕生するという話でしたが、結局そのまま話が流れて現状どうなっているのか不明な状況です。

 

ビットコインキャシュクラシック(BCHC)について

ビットコインキャシュクラシックは、ビットコインキャシュから作られる予定の通貨です。

マイニングが安定しないという課題を解決するために作られる予定でしたが、2017年11月に誕生が発表されてから動きがないままです。

こちらもブロックサイズは8MBであり、ビットコインの1MBと比べると多いですが、ビットコインキャシュと同じとなっています。

現状では全く価値がついていませんし、買える取引所もありませんが、詐欺投資のネタとして使われる可能性もゼロではないため念の為知っておいた方が良さそうです。

 

ビットコインキャシュ(BCH)についてまとめ

ビットコインキャシュについてまとめると、

  • 2017年8月に現在のビットコインからハードフォークして誕生した
  • ビットコインよりも処理速度が早くブロックサイズも大きい
  • ビットコインキャシュプラスやビットコインキャシュクラシックはまた別の通貨
  • 将来はビットコインキャシュが正式なビットコインになる可能性もあり

というところになります。

現在は11万円前後で落ちついていますが、今後価格は上がる可能性もあるため、気になる方は購入しておくのもおすすめです。

 

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像