モネロ(XMR)とは?発行枚数や取引所・ハードフォークを徹底解説

モネロ(XMR)は、2014年4月に公開された仮想通貨です。略号はXMR、匿名性が高いという特徴があり、主要アルトコインの一つに数えられます。

アルトコインの多くがビットコインを基に開発されているなかで、モネロ(XMR)は、ビットコインとは異なるソースコードを利用しています。

ビットコインとは違った性格を持つことにより、モネロ(XMR)は独自性、優位性を確保していると言えます。まずはモネロ(XMR)とはどういう仮想通貨なのか?一通り見てみましょう。

 

モネロ(XMR)とは?特徴まとめ

通貨名 Monero(モネロ)
通貨単位 XMR
公開日 2014年4月18日
総発行枚数(発行上限) 18,400,000枚(上限なし)
公式サイト https://getmonero.org/

モネロ(XMR)という名前は、エスペラント語で「コイン」を指す言葉が語源となっています。

モネロ(XMR)の特徴を詳しく見ていきましょう。

 

モネロ(XMR)は匿名性が高い

モネロ(XMR)の最大の特徴は、匿名性が高いことです。CryptoNightCryptoNoteと呼ばれる独自の技術が基盤となっています。

さらにモネロ(XMR)は、誰が署名したのか特定しにくいリング署名を実装していることと合わせ、送金する際に一時的に有効なワンタイムアドレスをつくり、それを経由して取引をするステルスアドレスを採用して匿名性を高めています。

 

モネロ(XMR)の発行枚数には上限なし

モネロ(XMR)には、総発行枚数の上限は定められていません。モネロ(XMR)の発行枚数上限は1,840万枚と解説されているサイトも見受けられますが、これは正確には誤りです。

モネロ(XMR)は、1,840万XMR発行後には毎分0.3XMRずつ発行されることになっています。

 

モネロ(XMR)は高速取引が可能

モネロ(XMR)は高速取引が可能です。ひとつの取引を処理するまでの時間は約2分程度です。

ビットコインの場合、ひとつの取引を処理するのに約10分程度の時間がかかるのに対して、大幅に高速化しています。

 

モネロ(XMR)はマイニングが簡単

モネロ(XMR)は、マイニングが比較的簡単な仮想通貨としても知られています。モネロ(XMR)の処理スピードが速いということは、それだけ計算の難易度が低いことを意味します。

ビットコインの場合は、専門的なマイニングPCを必要とする段階にまでマイニングの難易度が上がっていますが、モネロ(XMR)の場合は家庭用の一般的なパソコンでも十分マイニング可能です。

 

モネロ(XMR)はアドレスが長い

モネロ(XMR)のアドレスは、非常に長いという特徴があります。

これは、モネロ(XMR)のアドレスが、閲覧用と送信用の2つのプライベートキー(秘密鍵)から作られるためで、匿名性が高い技術的な特徴の影響が現れている部分です。

 

モネロ(XMR)のアルゴリズムとプロトコル

リング署名の仕組み(画像出典:https://cryptonote.org/

モネロ(XMR)は、多くのアルトコインがビットコインを元に開発されているのとは異なり、「Bytecoin」というコインのソースコードを元に開発されています。

開発のベースとなった「Bytecoin」に採用されていた技術は、モネロ(XMR)にも大きな影響を与えています。

 

CryptoNight(クリプトナイト)

CryptoNight(クリプトナイト)とは、モネロ(XMR)に採用されているアルゴリズムです。CryptoNight(クリプトナイト)は、「Bytecoin」にも採用されていた技術で、リング署名という技術が使われています。

リング署名とは、複数の人(グループ)の電子署名を束ねて署名することで、署名した人が特定されにくくなり匿名性が高まるという仕組みです。

モネロ(XMR)は、「Bytecoin」のリング署名技術をさらに改良し、ワンタイムキーを組み合わせたワンタイムリング署名を採用しています。

ワンタイムリング署名では、ミキシング(混合)とワンタイムキーを組み合わせることにより、取引が追跡されることを防止しています。

 

CryptoNote(クリプトノート)

CryptoNote(クリプトノート)とは、モネロ(XMR)に採用されているプロトコル(通信方法)です。

CryptoNote(クリプトノート)の機能として、閲覧用と送金用の2つの秘密鍵を持ち、さらに送金時にはワンタイムアドレスと呼ばれる自動生成アドレスでさらに匿名性を高めています。

ビットコインでは送金する際に、秘密鍵と公開鍵を用いて行われるため、誰が署名したのか追跡可能になっています。

モネロ(XMR)は、アルゴリズムとプロトコルの両方から、匿名性を高めるアプローチを取っていて、取引の追跡を不可能としています。

 

モネロ(XMR)の3つのメリット

モネロ(XMR)には、ビットコインなどの従来の仮想通貨には不足していた部分を補うことができるメリットがあります。

モネロ(XMR)のメリットは大きく3点で、匿名性が高く、処理が速くマイニングも簡単で、値上がり期待も考えられます。

 

1.モネロ(XMR)は匿名性が高く個人情報保護に優れる

モネロ(XMR)は匿名性が高いために、個人情報保護に優れます。

ビットコインでは、ブロックチェーンに情報が書き込まれるため、個人のIPアドレスや送受信や送金額の履歴が見えてしまいますが、モネロ(XMR)では特定不可能です。

 

2.モネロ(XMR)は家庭用パソコンでも十分マイニング可能

モネロ(XMR)は、処理スピードが速く、処理計算の難易度が低い仮想通貨です。

マイニング処理も比較的簡単な計算で済むため、高性能のハードウェアを必要とせず、家庭用の一般的なパソコンでも十分マイニング可能です。

 

3.モネロ(XMR)の値上がりへの期待

モネロ(XMR)は、現時点での発行枚数が少なく、匿名性が高いというビットコインには無い特徴を持つことで、希少性が高いと考えられています。

将来的な値上がりへの期待は大きいと言えます。

 

モネロ(XMR)の3つのデメリット

モネロ(XMR)には、メリットの裏返しとして、いくつかのデメリットもあります。

国内の取引所では、現時点で取り扱いがありませんので、モネロ(XMR)を取引するには海外の取引所を利用する他なく、取引を開始するハードルが若干高い仮想通貨でもあります。

 

1.モネロ(XMR)が違法取引に使われる可能性

モネロ(XMR)は、匿名性が高いことで、違法な取引に使われる可能性が度々指摘されています。

取引情報が記録されないために、万が一の送金事故などが生じた際にも、自分が保有していたことを証明する手段がありません。

匿名性が高いという特徴は、デメリットにもなり得る要素だということは認識しておきましょう。

 

2.モネロ(XMR)は拡張性が乏しく導入ハードルが高い

モネロ(XMR)は、匿名性を確保するために拡張性を犠牲にしています。

拡張性が乏しいために、様々なサービスや商品決済への応用が難しく、企業などが決済手段として導入するハードルが高くなっています。

ビットコインのように広く決済手段として用いられる可能性は乏しいと考えられます。

 

3.コインチェックがモネロ(XMR)の取扱いを停止?

モネロ(XMR)は、違法な取引に使われる危険性があることから、日本国内で唯一、モネロ(XMR)を取り扱っていたコインチェックは取り扱いを停止しています。

国内外で仮想通貨に対する規制は厳しさを増していますが、今後もコインチェックと同様の動きが起きる可能性があります。

 

モネロ(XMR)を購入するには?

モネロ(XMR)を購入することができる仮想通貨の取引所は、海外が中心となります。

日本国内の取引所では、匿名性が高いコインが取り扱われることに対しての金融当局の懸念が強く、再開には時間がかかりそうな状況となっています。

 

モネロ(XMR)を取引できる国内取引所

モネロ(XMR)は、日本国内の取引所では唯一、コインチェックで取り扱いがありましたが、ネム(NEM)の流出事件の影響で取り扱いが停止しています。

コインチェックからの公式なアナウンスはありませんが、モネロ(XMR)を含む匿名性が高い仮想通貨については、取り扱いを打ち切る方向で検討されていると報道されています。

 

(出典)時事通信2018年3月16日報道『コインチェック、匿名通貨扱い中止

 

モネロ(XMR)を取引できる海外取引所

モネロ(XMR)は、人気のある主要アルトコインの一つとして、海外では多くの取引所で取り扱われています。

モネロ(XMR)を取引することができる、おすすめの海外取引所については次の記事を参考にしてください。

 

モネロ(XMR)の手数料の安いおすすめ取引所比較と買い方・購入方法

2018.03.28

 

モネロ(XMR)の価格推移(チャート)

(画像出典)coinmarketcap.com『Monero Charts

モネロ(XMR)の価格推移について確認してみましょう。モネロ(XMR)は2014年に公開された仮想通貨なので、約3年間のデータです。

 

2014~15年 上場直後に高騰

モネロ(XMR)は2014年4月18日に公開されましたが、上場直後に値上がりした以外では、比較的平穏な時期が続きました。

 

2016年 後半に値上がり

モネロ(XMR)が明らかに顕著な値上がり傾向を見せ始めたのは、2016年8月20日過ぎからです。

匿名性の高い仮想通貨に注目が集まったこともあり、2016年12月末には1XMR=10ドルを超える水準に。1年間で10倍以上の値上がりとなりました。

 

2017年 最高値を更新

2017年は仮想通貨全体が注目され、仮想通貨への投資も一般的になったことで、モネロ(XMR)も大きく値上がりしました。

2017年12月13日~14日にかけて1XMR=300ドルを超え、12月末には400ドルに迫る水準にまで上昇。価格面でも主要なアルトコインの一つに成長しています。

 

2018年 調整局面が続く

2018年に入り、1月7日に一時1XMR=500ドルに迫る最高値を更新したあとは、調整局面が続いています。

コインチェックの流出問題やビットコイン価格の下落に象徴されるように、現在は仮想通貨全体が調整局面にあると言って良いでしょう。

2018年3月~4月の状況としては、1XMR=160ドル~180ドル程度のレンジで推移しています。

 

モネロ(XMR)がハードフォークで4つに分裂?

(画像出典)coincentral.com『Monero: A Tale of Five Forks

2018年4月7日に、モネロ(XMR)のネットワークアップグレードが実施されハードフォークが行われました。 このハードフォークにより、モネロ(XMR)から派生した4つの仮想通貨が生まれています。

 

モネロ(XMR)がハードフォークした背景

今回のハードフォークは、ビットメイン社が開発したCryptoNightをマイニングするためのASICに対抗するための措置と発表されています。

ASICとは、Application Specific Integrated Circuit の頭文字をとったもので「特定目的のための集積回路」という意味を持ちますが、仮想通貨の世界でいう「特定目的」とはすなわちマイニングのことです。

ASICはマイニング専用のチップと理解して良いです。仮想通貨のマイニングに使われるASICの製造は、中国に拠点を置くビットメイン社がほぼ独占している状況にあります。

仮想通貨のマイニングは、CPU(中央演算装置)やGPU(画像処理専用チップ)でも行うことができますが、マイニング専用のASICを用いると遥かに高速にマイニング処理を行うことができます。

ビットコインなど比較的マイニング難易度の高い仮想通貨では、もはやCPUやGPUが使われることは少なく、多くが専用のASICチップを実装した高性能コンピュータによってマイニングが行われています。

仮想通貨は、もともとが国家や中央銀行の支配を受けない通貨をつくるという理念に支えられています。しかし、マイニングを支える重要なチップが一社独占の状況下にあることで、仮想通貨の仕様や方向性がビットメイン社に左右されてしまう可能性が危惧されていました。

モネロ(XMR)は、もともとASIC耐性という、ASICをマイニング方式に採用することができない特徴を持っており、これを維持することに努めてきました。

ところが、ビットメイン社は開発を続け、3月にはモネロ(XMR)のアルゴリズム「CryptoNight」に完全に対応した CryptonightASIC を発表しました。モネロ(XMR)が、この状況にどう対応するかに注目が集まっていたのです。

結果的に、ASICをどの程度にまで容認するかについて、モネロ(XMR)の開発チーム内で意見を完全に一致させることができず、ASICの容認レベルに応じて別々の仮想通貨にハードフォークして行くという流れとなりました。

 

ハードフォークによって生まれる4つの仮想通貨

モネロ(XMR)のハードフォークによって、次の4つの仮想通貨が誕生しています。

 

  • Monero 0 (XMZ)
  • Monero Original (XMO)
  • Monero Classic(XMC)
  • Monero-Classic (XMC)

 

Monero 0 (XMZ)

モネロ・ゼロと呼ばれる仮想通貨で、従来のモネロ(XMR)プロジェクトを中止して新たに仕切り直しを目指す団体により開発されました。

 

 

Monero Original (XMO)

モネロ・オリジナルと呼ばれる仮想通貨で、現時点では詳しいことはまだ分かっていません。

 

 

Monero Classic (XMC)

モネロ・クラシックと呼ばれる仮想通貨で、ASICを容認することを表明しています。

 

 

Monero-Classic (XMC)

こちらもモネロ・クラシックと呼ばれる仮想通貨ですが、名前は同じでも別の仮想通貨です。ASIC容認にさらに積極的な姿勢を表明しています。

 

 

 

2018年4月末には、さらにモネロ(XMR)がハードフォークして、モネロV(MoneroV)が誕生することがアナウンスされています。

ASIC容認をめぐる、モネロ(XMR)のハードフォークは状況が落ち着くまではまだしばらく時間がかかりそうです。

 

モネロ(XMR)について今後の展望

 

モネロ(XMR)は、コインチェックの取扱い停止などもあり、日本からの取引は難しくなっている状況があります。ASIC容認の問題では、多くの派生コインに分裂するハードフォーク問題が生じていて、全体を理解するのもなかなか難しい仮想通貨です。

しかし、仮想通貨としての技術的な特徴を見ると、ビットコインの持つ弱点の多くを補う存在であることが分かります。明確な特徴を持つことは、仮想通貨として存続して行くためには非常に重要な要素です。

モネロ(XMR)の匿名性が高いという特徴が持つメリットは非常に大きく、期待値は高い仮想通貨だといえます。

技術的に独自の存在であることから一定の需要が確実に見込め、現時点での通貨発行枚数が抑えられていることから、モネロ(XMR)は比較的に価格変動の幅が大きいアルトコインでもあります。

モネロ(XMR)に対しての取引利益への期待値も大きいということであり、今後も主要アルトコインとしての地位を維持して行くものと考えられます。

 

まとめ

 

  • モネロ(XMR)は独自アルゴリズムに基づいていて匿名性が高いという特徴があります。
  • モネロ(XMR)はマイニング処理が速く、高速取引が可能です。
  • モネロ(XMR)は一般の家庭用パソコンでも十分マイニング処理が可能です。
  • モネロ(XMR)はASICチップをマイニングに使用することができないASIC耐性を持ちます。
  • ASIC容認についての議論が分かれ、モネロ(XMR)はハードフォークが発生しています。

 

モネロ(XMR)は、アルトコインの中でも珍しく、ビットコインのソースコードを元にせずに作られた暗号通貨です。このため、ビットコインでは実現できなかった様々な特徴を持っています。

その一方で、特に匿名性が高いことについては、違法な取引に使われる危険性も指摘されています。現時点では日本国内の取引所での取り扱いは無いため、若干ハードルが高いアルトコインです。

海外の取引所では人気がある主要アルトコインの一つであり、モネロ(XMR)を取引する目的だけでも、海外の取引所に口座を開設することを十分検討するだけの価値はあります。

モネロ(XMR)を取引できる海外の取引所としては、安全性と手数料のバランスに優れていることから、Poloniex(ポロニエックス)をおすすめします。

 

 

【登録必須】おすすめの仮想通貨取引所ランキング

広告画像